スポンサーリンク

「トレーナー」と「メンター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「トレーナー」と「メンター」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「トレーナー」「メンター」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「トレーナー」とは?

「トレーナー」は、口頭で対象となる物を指導することで、口だけで指導することを意味します。

つまり、本人の前でやって見せ、させてみせということをせず、本人の前で口先で毛で使用することであるのが「トレーナー」でトレーナーはあくまで、対象となる人物の間違いや能力の向上を口頭で指導する立場です。

「メンター」とは?

「メンター」は、対象となる人物を直接指導する立場にあることを指します。

その為、対象となる人物に対して、「メンター」は実際に目の前で実演してみせ、それを対象者に強要することが可能で物理的に指導をするのが「メンター」です。

ただ、メンター側は、間違いを指導する立場にはなく、分からないことや基礎を叩き込む役割が主であるため「トレーナー」のように人物の能力を飛躍的に伸ばそうとする必要性はありません。

「トレーナー」と「メンター」の違い

「トレーナー」「メンター」の違いは、両者が指導者であると仮定した場合、「トレーナー」は口頭で対象者の間違いや能力の向上を行うことを指し、「メンター」は実演してみせることで対象となる物に基礎を理解させるという違いがあります。

「トレーナー」の例文

・『ポケモントレーナー』
この言葉は、ポケットモンスターのプレイヤーのことを指し、ポケモンに口頭で指示を与えることでモンスターを戦わせる人物のことを意味します。

「トレーナー」は口頭で指導をする人物なので、相手が例えモンスターという存在でも言葉を理解できるうちは、「トレーナー」という言葉が通用します。

「メンター」の例文

・『プログラミング教室のメンター』
この例は、プログラミングを教える教室にいる、指導者のことで、実践してみせて理解をさせるためにいる教官のような存在です。

ただ、注意してほしいのは、プログラミング教室の「メンター」と呼ばれる人物は、必ずしも、その道のプロであるかどうかは分からず、学生がアルバイト感覚で指導者となっている場合もあり、実際に実演してみせて相手側に理解を得させるだけの実力を持っているかは分からず、「メンター」という言葉自体実演さえできればなぜそうなるかを理解している必要性が無いため、本当に指導者か?と言われるとそうではない点があります。

まとめ

「トレーナー」は、理解者であり、教える人物と言葉が通じないと成立せず、例えば「ポケモントレーナー」もポケモンというモンスターが人間の言葉を理解できるから成立し、行動で指導を可能としているのです。

逆に、「メンター」は、単に実演者であり、それができればそれがなぜできるかについて説明をする必要性はないとも言え言い方を悪く言えば、できれば皆「メンター」となり、一応指導者だと言えるのです。

無論、何故できるか?のできる理由を説明してあげて実演できる人物の方が望ましい「メンター」ですが、実は出来さえすればそれでよしと企業側が判断した場合、指導ができなくとも「メンター」として迎え入れることが可能である分「メンター」という者は指導者なのかという疑問があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典