スポンサーリンク

「ドッペルゲンガー」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ドッペルゲンガー」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ドッペルゲンガー」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ドッペルゲンガー」の意味

自分とそっくりな姿をした存在のこと。

「ドッペルゲンガー」の解説

「ドッペルゲンガー」とは、自分とそっくりな姿をした存在のこと、またその存在を自分自信で見ることを意味します。

ドイツ語で“Doppelganger”とつづります。

日本語にすると「自己像幻視」で、「ドッペルゲンガー」は幻覚ではないかといわれています。

世界には自分とそっくりな人が3人はいるといわれていますが、それらの人たちは自分自身とどこかしら違った部分があります。

しかし、「ドッペルゲンガー」は自分自信にそっくりです。

「ドッペルゲンガー」には、周囲の人間と会話をしない、扉の開け閉めができるという特徴があります。

見ると本人が死んでしまうといわれています。

「ドッペルゲンガー」の使われ方

「ドッペルゲンガーって本当に存在するのかな?」「ドッペルゲンガーを見たことある?」のように使用をします。

オカルト的な話が好きな人の間で使われることが多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典