「ニーハイブーツ」と「サイハイブーツ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ニーハイブーツ」と「サイハイブーツ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ニーハイブーツ」「サイハイブーツ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ニーハイブーツ」とは?

「ニーハイブーツ」の意味と概要について紹介します。

「ニーハイブーツ」の意味

「ニーハイブーツ」は、「膝が隠れる位、或いは膝の真ん中あたりまでの高さのブーツのこと」です。

「ニーハイブーツ」の概要

「ニーハイブーツ」は、レディース靴の一つで、膝が隠れる位、或いは膝の真ん中あたりまでの高さがあるブーツのことを言います。

「ニーハイ」は英語で“knee high”と書き、“knee”とは「ひざ」のことです。

本来は“over knee”なのですが、ファッション用語として「ニーハイ」が使われています。

「ニーハイ」の特徴は、美脚効果があるという点で、着てる洋服のイメージを損なわずに足をキレイに見せてくれるという点です。

「サイハイブーツ」とは?

「サイハイブーツ」の意味と概要について紹介します。

「サイハイブーツ」の意味

「サイハイブーツ」は、「太ももまで長さのあるブーツのこと」です。

「サイハイブーツ」の概要

「サイハイブーツ」は、太ももの真ん中位まで長さがあるブーツのことを言います。

履くとほぼ足全体がブーツになり、非常にインパクトが強いアイテムです。

「サイハイ」は英語で“thigh high”と書き、“thigh”「太もも」のことです。

「サイハイブーツ」の特徴は、足全体がブーツでしっかりと締められるので、より足が長く見えるという点です。

ジーンズやミニスカートを併せて着る人が多く、ブーツがより目立つ様にファッションを考える必要があります。

「ニーハイブーツ」と「サイハイブーツ」の違い!

「ニーハイブーツ」「膝が隠れる位、或いは膝の真ん中あたりまでの高さのブーツのこと」です。

「サイハイブーツ」「太ももまで長さのあるブーツのこと」です。

まとめ

今回は「ニーハイブーツ」「サイハイブーツ」の違いをお伝えしました。

「ニーハイブーツは膝が隠れる長さ」「サイハイブーツは太ももまでの長さ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典