スポンサーリンク

「ネタバレ」と「早バレ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ネタバレ」と「早バレ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ネタバレ」「早バレ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ネタバレ」とは?

「ネタバレ」の意味と使い方について紹介します。

「ネタバレ」の意味

「ネタバレ」「ものごとの仕掛けや、物語の重要な部分や、結末などを暴露してしまうこと」です。

「ネタバレ」の使い方

「ネタバレ」は、映画や舞台、小説やマンガなどが正式に公開されたり発売になった直後に、その内容や重要な部分、仕掛けや結末などを暴露してしまうことを言います。

ネット上の自分のブログやSNSなどで、「ネタバレ注意」などと記載した上ですることが多くあります。

まだ内容を知らない人にとっては、これから作品を楽しみにしていたのに先に内容を知ってしまい、気分を害したり、作品自体に興味を失ってしまうこともあります。

「早バレ」の様に時期は関係なく、「まだその作品を知らない人」に対して「ネタをバラしてしまうこと」という意味で使われます。

「早バレ」とは?

「早バレ」の意味と使い方について紹介します。

「早バレ」の意味

「早バレ」「はやばれ」と読みます。

意味は、「雑誌の発売当日午前0時より前、又は公式サイトで公開される前に、新しい情報を暴露すること」です。

「早バレ」の使い方

「早バレ」は、映画や舞台、小説やマンガなどが、正式に公開される前に、その内容や重要な部分、仕掛けや結末などを暴露してしまうことを言います。

自分のSNSやブログなどでは発信源が分かってしまう為に、動画で流すことが多くなります。

権利者や関係者にとっては大きな損害になりますが、それを求めるユーザーが多くいることも「早バレ」が起きる要因になっています。

「ネタバレ」と「早バレ」の違い!

「ネタバレ」「公開された後に、ものごとの仕掛けや、物語の重要な部分や、結末などを暴露してしまうこと」です。

「早バレ」「公開される前に、新しい情報を暴露すること」です。

まとめ

今回は「ネタバレ」「早バレ」の違いをお伝えしました。

「ネタバレは公開後」「早バレは公開前」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典