スポンサーリンク

「ノウハウコレクター」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ノウハウコレクター」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ノウハウコレクター」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ノウハウコレクター」の意味

情報商材や書籍により知識を集めているが、結果が伴わない人。

「ノウハウコレクター」の解説

「ノウハウコレクター」「情報商材や書籍により知識を集めているが、結果が伴わない人のこと」です。

ネットビジネス用語で、情報商材や書籍などにより、ノウハウばかりを身に付けて満足してしまい実行に移さず、当然実績も身に付かない人のことです。

様々な情報商材を購入して部屋に積んであるけれども、開封すらしていなかったり、ノウハウばかりひけらかしても自ら実践しようとしないなどがあります。

どの様なビジネスでも収益が出るまではある程度時間がかかるものですが、次から次へと新しい情報に目移りしてしまい、何もできずにお金を無駄遣いする状態です。

「ノウハウコレクター」の使われ方

「ノウハウコレクター」は、やたらとビジネス情報に詳しいけれども、実績が伴っていない人に使われます。

「彼はノウハウコレクターを毛嫌いしている」「いい加減ノウハウコレクターであることに気づくべきだ」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典