スポンサーリンク

「ノスタルジック」と「ノスタルジー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ノスタルジック」と「ノスタルジー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ノスタルジック」「ノスタルジー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ノスタルジック」とは?

「ノスタルジック」「ノスタルジー」という言葉の形容詞です。

形容詞ですので、物事の形を示す言葉になり、意味については、場所やエリアをさす言葉になり意味合いは懐かしい場所という意味になります。

「ノスタルジック」の使い方

「ノスタルジック」は形を示すことを第一としているため場所を示す場合使用します。

例えば、「ノスタルジック」なお店と記した場合意味は懐かしいお店となるのです。

ここが注意点で、懐かしい「雰囲気」とせず、断言しているのが「ノスタルジック」になります これを「ノスタルジー」とする場合、こちらは雰囲気だけを示す言葉になるため、「ノスタルジー」なお店とした場合、形を示しておらず、おおよそそのように見えるお店となります。

「ノスタルジー」とは?

「ノスタルジー」は名詞で意味は懐かしさや古ぼけたなどという意味合いです。

あくまで名詞であることが「ノスタルジー」で形や様子を示してない点が「ノスタルジー」になります。

そのため、「ノスタルジー」は懐かしいという印象だけを対象に与えどの程度古めかしいかはあまり重要としてません。

「ノスタルジー」の使い方

「ノスタルジー」の使い方は、対象物が古めかしい場合、古いといわず「ノスタルジー」とすることで表現を変化させることができる言葉です。

あくまで、表現上格好良く古めかしいさまを言うために用いることが多いです。

「ノスタルジック」と「ノスタルジー」の違い

ノスタルジック」と「ノスタルジー」の違いですが、形あるものがどうであるかを述べているのが違いになります。

つまりは形容詞と名詞の違いで形がどうであるかを示しているのが「ノスタルジック」「ノスタルジー」は古いとしか言っていません。

そのため、どう古いのかを記す場合、「ノスタルジック」を用いて詳しく表現する必要が厳密にはあります。

「ノスタルジック」の例文

『このお店の印象はノスタルジックだね』
この例は何がどうであるかを示した分で形容詞で物事を示しています。

そのため「ノスタルジック」を用いて表現するのが正しく、意味合いは古めかしいお店であると述べています。

・『なんという、ノスタルジックな印象のVR映像なのか』 この例は、VRの映像が古めかしい印象を与える世界観を出しているという例です。

何がどうであるをきちんと説明しているが故この場合、「ノスタルジック」が正しい言葉になります。

「ノスタルジー」の例文

・『ノスタルジーに浸る』
この例は、名詞で文章が構成されていて、「ノスタルジー」は名詞で古めかしさやなつかしさに浸るという意味です。

これを「ノスタルジック」に浸るとした場合、問題が生じ何がどうであるという部分が開設されてないが故、文章がうまく成立しないのです。

ですので、この場合、「ノスタルジー」に浸るとするのが望ましいです。

・『ノスタルジーな印象』
この例は、印象が古いという例です。

この例を「ノスタルジック」とすることは可能で「ノスタルジック」とした場合印象が古いとすることが可能です。

まとめ

「ノスタルジック」「ノスタルジー」の違いですが、形容詞と名詞の違いがあり、何がどうであるかを説明できるかどうかです。

何がどうであるかを説明できるのであれば「ノスタルジック」で文章が成立し、「ノスタルジー」としても文章は一応成立します。

ですが、「ノスタルジー」の表記があるものを形容詞に変更した場合意味合いが異なるので文章が成立しないという問題があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典