スポンサーリンク

「ハイツ」と「アパート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハイツ」と「アパート」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「○○ハイツ」「○○アパート」という名前を見聞きしますが、この違いを知っていますか。

この記事では、「ハイツ」「アパート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ハイツ」とは?

「ハイツ」は、集合住宅や住宅団地のことです。

高台にある集合住宅のことをいう場合もあります。

集合住宅は、1棟の建物の中に複数の住居が存在する形式の住宅のことを意味します。

それぞれの住居は壁と床で仕切られており、独立しています。

団地は、住宅を計画的、集団的に建てた区域のことを意味します。

それに似た形式で工場や倉庫を建てたもののことも団地といいますが、住宅団地という場合は一般に人が住む家を計画的、集団的に建てた区域のことを指します。

「アパート」とは?

「アパート」は、1棟の建物の中に複数の住居が存在する形式の住宅のこと、集合住宅のことです。

それぞれの住居は壁と床で仕切られており、独立しています。

「ハイツ」と「アパート」の違い

「ハイツ」「アパート」には、1棟の建物の中に複数の住居が存在する形式の住宅という同じ意味があります。

どちらも、集合住宅を意味します。

しかし、「ハイツ」は住宅団地のことも意味しており、この点は「アパート」とは異なります。

まとめ

どちらも住宅に関係する言葉で、同じ意味を持っている言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典