スポンサーリンク

「ハイドロプレーニング現象」と「スタンディングウェーブ現象」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハイドロプレーニング現象」と「スタンディングウェーブ現象」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ハイドロプレーニング現象」「スタンディングウェーブ現象」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ハイドロプレーニング現象」とは?

「ハイドロプレーニング現象」は、タイヤの溝が無くなり、雨が降った路面化においてタイヤに表面張力が働くことでタイヤが全くグリップせず、浮き上がって空回りを起こす現象です。

この現象は、タイヤの溝が重要で、タイヤは溝を刻むことでタイヤが水の上を走行する際、水を溝が組み上げ水の表面張力を崩すことで走行を可能としますが、溝が無くなるとタイヤは水の表面張力の力をもろに受け、タイヤが水の膜で覆われグリップを失ってしまうのが、「ハイドロプレーニング現象」になります。

「スタンディングウェーブ現象」とは?

「スタンディングウェーブ現象」は、タイヤの空気圧が不足し、自転車でいうリム打ち状態になったことで引き起こされるタイヤの破裂です。

この現象は、リム打ちと、タイヤ自体にかかる熱で空気が膨れ上がり破裂することも考えられており、理由は二つ存在し、適正な空気圧をタイヤに付与することで問題を解決できます。

「ハイドロプレーニング現象」と「スタンディングウェーブ現象」の違い

「ハイドロプレーニング現象」「スタンディングウェーブ現象」の違いは、タイヤの溝が減り起される問題か、タイヤの空気圧不足が引き起こす破裂現象であるかという違いです。

「ハイドロプレーニング現象」は、タイヤの溝が無くなることが重要なキーポイントで、要はスリックなタイヤは水の表面張力で表面が覆われるため、抵抗を失う原因になります。

一方「スタンディングウェーブ現象」は、空気圧が適正ではないが故、空気が膨張して熱を持ったら破裂、タイヤがバインドした際にチューブにダメージが入り破裂のいずれかにより破裂することで共通点においては両者ともに事故の原因であることです。

「ハイドロプレーニング現象」の例文

・『路面は濡れておりハイドロプレーニング現象による自己である』

この例は、事故を起こした人物はおそらくタイヤの溝がないが故、路面スリップの単独事故を起こしたという例です。

「ハイドロプレーニング現象」はタイヤの溝が無くなることで起きるスリップ事故なのでこのケースはタイヤの溝が原因か、タイヤ性能が低下したことによるスリップ事故になります。

「スタンディングウェーブ現象」の例文

・『適正空気をタイヤに入れないとスタンディングウェーブ現象につながる』

この例は、タイヤの空気圧がいかに重要であるかを述べた例です。

「スタンディングウェーブ現象」はタイヤの適性空気圧が重要でタイヤに適正な空気が入ってないと熱で膨張時にタイヤが破裂、タイヤが跳ねるとリムを打ち、リムとチューブが擦れ合うことで破裂します。

まとめ

「ハイドロプレーニング現象」「スタンディングウェーブ現象」はともにタイヤが引き起こす事故で、一方は空気圧が適正ではない、もう一方はタイヤの溝が無くなることで雨を綺麗に捌けきれないことにあります。

いずれもタイヤが引き起こす事故になりますので日ごろから気を付けてタイヤの状態を確かめるのが重要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典