スポンサーリンク

「ハンドメイド」と「DIY」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハンドメイド」と「DIY」の違い未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では「ハンドメイド」「DIY」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ハンドメイド」とは?

手を使って作ったもの、手製、手作りという意味があります。

手編み、手芸など言葉にも「手」という文字が使われています。

一般的には、アクセサリーや洋服など大量生産が難しい一点ものを作るといった感じで使われています。

「DIY」とは?

ここ数年、性別問わずに流行しているDIY。

“Do it yourself”の略です。

意味としては、自分で行う。

DIYという言葉が主流になるまでは、日曜大工と呼ばれており休日のお父さんが鳥小屋や犬小屋を作るというイメージがありましたが、今では趣味として楽しむ人が増えています。

テーブルや椅子を作ったり、壁紙を張り替えたり、自宅をリフォームしてしまう人までいるくらい腕を上げている人も多いです。

「ハンドメイド」と「DIY」の違い

「ハンドメイド」「DIY」も手を使ってする事に変わりはありませんが、ハンドメイドは細かいパーツを組み合わせるもの。

DIYは、木工作業や大工仕事と分ける事が出来ます。

もっと大雑把に分類すると、家の中でできるものがハンドメイド、庭や屋外で作業が必要なことがDIYと考える事もできます。

まとめ

「ハンドメイド」「DIY」の違いについてご理解いただけましたでしょうか。

どちらも、趣味として楽しむ事もできます。

また、副業としてお金に変えることもできます。

手を使う作業は、黙々と夢中になれるのでストレス解消にもなりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典