「バイト」と「パート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バイト」と「パート」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バイト」「パート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バイト」とは?

「バイト」の意味と概要について紹介します。

「バイト」の意味

「バイト」「主に学生やフリーターを対象とした非正規雇用者のこと」です。

「バイト」の概要

「バイト」「アルバイト」を省略した言葉で、主に大学生や高校生などの学生、又は若いフリーターを対象とした非正規雇用者のことを言います。

曜日や時間帯を自分で選んで、シフト制で働けるところも多くあり、繁忙期など季節労働的であったり、働く人が学費や小遣い稼ぎをしたい為に短期間働くなどのケースが多くなります。

「アルバイト」はドイツ語で「勤労」という意味で、日本語の「バイト」とは意味が違います。

また、本業がある人が副業として働く場合にも「バイト」と言います。

「パート」とは?

「パート」の意味と概要について紹介します。

「パート」の意味

「パート」「主に主婦を対象とした非正規雇用者のこと」です。

「パート」の概要

「パート」は、主に主婦層を対象とした、短時間労働の非正規雇用者のことを言います。

結婚や出産などで退職した女性が、子育てをしながら短時間で仕事する時に使います。

スーパーや飲食店、工場など、昼間の忙しい時間帯に勤める人が多く、子育て中の場合は夕方の早い時間で仕事を終えます。

「パート」の場合、主婦が地元で長期間働くことが多く、家庭の都合などで休み易い職場が多くなります。

長く勤めていると、正社員よりも知識やスキルが身に付き、時給が高くなるケースもあります。

「バイト」と「パート」の違い!

「バイト」「主に学生やフリーターを対象とした非正規雇用者のこと」です。

「パート」「主に主婦を対象とした非正規雇用者のこと」です。

まとめ

今回は「バイト」「パート」の違いをお伝えしました。

「バイトは学生やフリーター対象」「パートは主婦対象」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典