「バカ」と「アホ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「バカ」と「アホ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バカ」「アホ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「バカ」とは?

「バカ」の意味と使い方について紹介します。

「バカ」の意味

「バカ」は漢字で「馬鹿」「莫迦」と書きます。

意味は「知能程度が劣っていること」「人をののしる時の言葉」「社会常識が欠けている人のこと」「つまらないこと・ムダなこと」「度が過ぎること」「役に立たなくなること」です。

「バカ」の使い方

「バカ」は、関東地方で使われる言葉で、元々は知能が低いことや、愚かなことを言います。

「馬鹿」と書くのは当て字ですが、中国の「史記」という書物に「偉い人が鹿を馬だと言ったところ、皆が馬だと言い、鹿だと言った人は殺された」という記述があったことに由来するとされています。

「バカ」は軽い意味で人をなじる時に使われる言葉ですが、関西の人にとっては「バカ」という言葉の響きがきつく聞こえるとされています。

また、「バカ」「バカだねぇ~」などと親しみを込めて使われたり、「バカなこと」と、「つまらないこと」という意味で使われたりします。

また、「バカ正直」「正直過ぎて返って常識を外れている」という意味になります。

「アホ」とは?

「アホ」の意味と使い方について紹介します。

「アホ」の意味

「アホ」「アホウ」ともいい、漢字で「阿呆」と書きます。

意味は「愚かなこと」「愚かな様子」です。

「アホ」の使い方

「アホ」は、関西地方で使われる言葉で、こちらも「バカ」同様知能が低いことや、愚かなことを言います。

関西では軽いノリで使われる言葉で、漫才などでつっ込むと時によく使われます。

「アホやなぁ」は、「そそっかしいなぁ」程度の意味です。

但し、関東の人にとっては「アホ」という言葉の響きが軽くて、それだけ自分を見下されたと感じることが多くなります。

ほとんどの場合「バカ」と置き換えて使えますが、地域によりイメージが変わってくる言葉です。

「バカ」と「アホ」の違い!

「バカ」「関東でよく使われる、愚かだという意味の言葉」です。

「アホ」「関西でよく使われる、愚かだという意味の言葉」です。

まとめ

今回は「バカ」「アホ」の違いをお伝えしました。

「バカは関東」「アホは関西」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典