スポンサーリンク

「パヤ毛」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パヤ毛」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「パヤ毛」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「パヤ毛」の意味

髪の毛の分け目から出てくる短い毛「アホ毛」

「パヤ毛」の解説

「パヤ毛」とは髪の毛の分け目から出てくる短い毛のことです。

ぴんぴんと出てくる為、見た目に良くありません。

「パヤ毛」の他に「アホ毛」「浮き毛」なども同義語として使います。

「パヤ毛」になる原因はいくつかあります。

まずもともとくせ毛である場合です。

くせ毛で根元あたりに縮れた毛が目立ってしまいます。

他に切れ毛が考えられます。

髪の毛の傷み、加齢によるもの、頭皮環境の悪さなどが原因となります。

「パヤ毛」をなくそうと抜くのはNG行為で、水、ワックスなどつけて短い毛が立たないように重みで抑えるのが良いとされています。

「パヤ毛」の使われ方

「パヤ毛」とは分け目から切れ毛がぴんぴんと浮く、出る状態を言います。

それでは実際に会話などでどのように使われるのか例を紹介しますので参考にしてみてください。

「センター分けしたらパヤ毛が目立って恥ずかしい」

「水をつけてパヤ毛をなでつけてみた」

「白髪を抜くと、パヤ毛になるので染めるようにしている」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典