スポンサーリンク

「パーカー」と「ウィンドブレーカー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パーカー」と「ウィンドブレーカー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「パーカー」「ウィンドブレーカー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「パーカー」とは?

「パーカー」の意味と概要について紹介します。

「パーカー」の意味

「パーカー」とは、「本体にフードと呼ばれる帽子が付いている服のこと」です。

「パーカー」の概要

「パーカー」は、英語では“parka”と書き、本来の発音は「パーカ」で、アラスカなど厳寒地域に住む人達が着てる防寒服を表します。

日本の「パーカー」は、英語では“foodie”(フーディー)」といい、フードつきのスウェットシャツという意味になります。

フードにピッタリと顔にフィットさせる為の調節紐がついていて、腹部にポケットが付いているのが特徴です。

「パーカー」にはジッパーがついていて前開のタイプと、上からすっぽりとかぶるタイプ、そしてジッパーが途中までついているタイプがあります。

素材はスウェット生地が多く、その他にはナイロン、フリースなどがあり、素材により「マウンテンパーカー」「マリンパーカー」などと分けられることもあります。

「ウィンドブレーカー」とは?

「ウィンドブレーカー」の意味と概要について紹介します。

「ウィンドブレーカー」の意味

「ウィンドブレーカー」とは、「アウトドアで風よけとして着る薄手の上着のこと」です。

「ウィンドブレーカー」の概要

「ウィンドブレーカー」は、英語で“windowbreaker”と書き、文字通り「風よけ」の役割を持つ上着のことを言います。

一般的に薄手のナイロンやポリエステルなどの素材でできていて、防風性に優れ、アウトドアで風による体温の低下を防いでくれます。

「ウィンドブレーカー」の中でもアウトドア用は、防風性の他に防水性や撥水性の高いものもあります。

また、アスリート用として、吸湿性や通気性が高い素材を使っている商品もあります。

「パーカー」と「ウィンドブレーカー」の違い!

「パーカー」「本体にフードと呼ばれる帽子が付いている服のこと」です。

「ウィンドブレーカー」「アウトドアで風よけとして着る薄手の上着のこと」です。

まとめ

今回は「パーカー」「ウィンドブレーカー」の違いをお伝えしました。

「パーカーはフード付きの服」「ウィンドブレーカーは風よけの上着」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典