「パーマ」と「毎日アイロンで巻く」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「パーマ」と「毎日アイロンで巻く」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「パーマ」「毎日アイロンで巻く」の違いを分かりやすく説明していきます。

「パーマ」とは?

「パーマ」の意味と概要について紹介します。

「パーマ」の意味

「パーマ」「薬剤で髪の細胞を分解して、ウェーブを作り直すこと」です。

「パーマ」の概要

「パーマ」は、薬剤でキューティクルを開き、髪の内部で細胞を分解してから、新たな状態に固定することを言います。

薬剤によりしっかりと癖を付けますで、一度かければ1ヵ月位は持ちます。

忙しい朝でもドライヤーで形を整えれば良いだけで、手間がかかりません。

ただし、薬剤を使用するので、それだけ髪へのダメージが大きくなります。

最近では自宅でできるパーマも販売されていますが、髪質を保つのが難しいことから、美容院を利用する人が多いのです。

尚、パーマは湿気に強いのですが、水に濡れると返って癖が強くなるのが特徴です。

「毎日アイロンで巻く」とは?

「毎日アイロンで巻く」の意味と概要について紹介します。

「毎日アイロンで巻く」の意味

「毎日アイロンで巻く」は、「毎日ヘアアイロンを使い、熱で髪のウェーブをつけること」です。

「毎日アイロンで巻く」の概要

「毎日アイロンで巻く」場合、ヘアアイロンを髪にあてて、熱でカールやウェーブを作ることを言います。

パーマよりもカールが大きく、動きのある華やかなヘアスタイルになります。

ヘアアイロンの温度は約100度から200度と高く、髪の毛の表面にあるキューティクルが傷む原因にもなります。

毎日髪を巻く必要がなく、たまにヘアアレンジをしたいという人におすすめです。

デメリットは、湿気に弱いことです。

雨の日は中々ウェーブが付かず、少しでも水に濡れると全て落ちてしまいます。

中には移動先のホテルのトイレやドレスルームまでヘアアイロンを持ち込み、現地で巻き上げる人もいるのです。

「パーマ」と「毎日アイロンで巻く」の違い!

「パーマ」「薬剤で髪にウェーブをつけること」です。

「毎日アイロンで巻く」「ヘアアイロンの熱で髪にウェーブをつけること」です。

まとめ

今回は「パーマ」「毎日アイロンで巻く」の違いをお伝えしました。

「パーマは薬剤」「毎日アイロンで巻くは熱」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典