「ヒアリング」とは?意味や使い方!例文や解釈

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ヒアリング」とは?

「ヒアリング」とは聞き取り、公聴会、聴聞会といった意味がある言葉です。

広く意見を聞くこと、利害関係者などの意見を聞くことといったこと全般的に使います。

「ヒアリング」の語源や由来

「ヒアリング」とはもともとは英語です。

“hearing”と書きます。

言語教育では聞き取りのことです。

語学の授業などで「ヒアリング」という言葉はよく使いますので知っている人も多いでしょう。

「筆記テストの点数はいいのだけどヒアリングテストの点数はとても悪い」「ヒアリングが苦手」などと使ったりします。

また事情を聞くことなども「ヒアリングが必要」「ヒアリングを行う」などと言います。

「ヒアリング」の読み方

「ヒアリング」は英語ですので、カタカナで書きます。

読み方は「ヒアリング」とそのまま読みます。

また「ヒヤリング」とも言います。

「ヒアリング」の表現の使い方

「ヒアリング」は言語教育の場においては発音の聞き取りといった意味合いで使われています。

「ヒアリングが得意」「ヒアリングを特訓する」「ヒアリングテストがある」などと使います。

一方で「社員一人ずつ呼んでヒアリングを行った」「ヒアリングする必要性がある」「ヒアリングを怠っている」などと言う場合の「ヒアリング」は面接調査、相手の話を聞くことを中心とした情報収集のことを言います。

「ヒアリング」の類語や類似表現や似た言葉

言葉の意味が理解できましたところで、「ヒアリング」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

「リスニング」

「リスニング」の意味は聞くこと、聞き取りとなりますので「ヒアリング」と同じ意味です。

以前は「ヒアリングテスト」と言っていましたが、現在は「リスニングテスト」という言葉を使っています。

「リスニング」は自分から意識をして聞くという意味合いがあります。

「リスニング力を上げたい」「リスニングを主にして勉強している」などと使います。

「インタビュー」

「ヒアリング」とは聞き取り調査をする、聞くことを中心とした面接調査といった意味合いもあります。

その意味での類語としては「インタビュー」があります。

「インタビュー」とは会見、面会、人に会って話を聞くことを言います。

「あ、あなたの好きな俳優のインタビュー記事が出ているよ」「インタビューされて緊張で上手く答えられなかった」などと使います。

「聴取」

「聴取」とはラジオなどを聴くこと、事情や状況などを聞き取ることといった意味があります。

「事情聴取を行う」「被害者たちから、事情を聴取する」「どうしてこんなことになったのか、当事者にしっかりと聴取をする必要があるね」という風に使います。

「ヒアリング」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「ヒアリング」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

「ヒアリング」を使った例文1

「いくら職員にヒアリングしたところで、トップが改善する気がないなら無駄な時間だね」「ヒアリング」とは面接をして相手の話を聞くこと、情報収集することといった意味があります。

しかし例文にありますように「ヒアリング」をしたところで、その問題自体に真剣に取り組まない、改善する気がないのであれば無駄な調査とも言えるでしょう。

ですがまったく「ヒアリング」をしないのも「何もしていない」「改善する気がない」などとバッシングされますので形だけの「ヒアリング」をするということもあるのではないでしょうか。

「ヒアリング」を使った例文2

「今頃当事者にヒアリングしても、事実は変わらないし、先方の怒りも収まらないよ。

早々に謝罪をした方がいいと思う」
何か問題やトラブルが起こった後に「ヒアリング」をするという対応をとることは多いのですが「ヒアリング」をするまでもなく非が明らかである、証拠があるといった場合はまずは謝罪をする方が先ではないでしょうか。

「ヒアリング」というのは話を聞くことです。

「ヒアリングをしてから・・・」といった対応になりますと、相手からすれば「まずは謝罪が先ではないか」「話し合って隠ぺいする気か」などと不信感を持たれることもあるのです。

「ヒアリング」の反対語

「ヒアリング」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

「スピーキング」

「スピーキング」とは“speaking”で、意味は話すことです。

特に英語の教育においてヒアリング、リーディングに対して使います。

「何も聞いていない」

「ヒアリング」とは聞き取り、相手の話を中心に聞くといった意味があります。

明確な反対語というのは難しいのですが、反対の意味合いとなれば「何も聞いてない」とか「何も把握していない」といった言葉が当てはまるのではないでしょうか。

「これだけ問題が起こったのに何も把握していない」「そのようなトラブルを彼が起こしたのですか、私は何も聞いていない」などと使います。

「ヒアリング」の英語と解釈

「ヒアリング」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“hearing”となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典