スポンサーリンク

「ヒーロー」と「英雄」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヒーロー」と「英雄」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ヒーロー」「英雄」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ヒーロー」とは?

最初に「ヒーロー」の意味をご説明致します。

「ヒーロー」とは、勇者として讃えられている者を指します。

また、演劇などに登場するキャラクターを表すときもありますし、スポーツ等で結果を残した人間もこれに該当するのです。

「英雄」とは?

次は「英雄」(えいゆう)の意味を解説していきます。

「英雄」の場合は、頭が良くて、尚且つ闘うとなれば徹底的に戦い、結果を残すなどの偉業を達成した者のことです。

「ヒーロー」と「英雄」の違いとは?

続きましては、「ヒーロー」「英雄」の違いについて取り上げていきます。

「ヒーロー」というのは、皆に勇者として認められている人を指します。

また、ドラマや映画の中に登場するキャラクターの中で、目覚ましい活躍する人を指すこともありますし、スポーツジャンルで、大活躍した人間を表すことです。

「ヒーロー」と「英雄」の使い方の違い

この項目においては、「ヒーロー」「英雄」の使い方の違いについて説明します。

「ヒーロー」を使うときは、勇者として讃える場合や、認められている者を指すときに使います。

その他、スポーツで活躍した人や、劇中に登場する者で目立った活躍をして、状況を好転させる人物などに使うものです。

そして、「英雄」を使うときは、いい知恵を持って、闘うときも勇猛果敢に戦い、最高の結果を残す者を表現したいときなどに使います。

それぞれの使い方を書きます。

前者の使い方

「アーティストの彼は、僕にとっての永遠のヒーローなんだ」

「野球で大活躍したイチローは、国民的ヒーローだ」

「この映画で、一番のヒーロー役をやらせてもらいました」

後者の使い方

「彼はサッカー界の英雄である」

「ヒーロー」を使った例文

ここでは「ヒーロー」を使った例文を書いていきます。

・『ヒーローインタビューは必ず観るようにしている』

・『僕は昔から、ヒーローになりたかった』

・『このビジネスが成功すれば、社長はヒーローになるだろう』

・『あの映画のヒーローとヒロインが、実生活で結婚した』

・『山本五十六は国民的ヒーローになりました』

「英雄」を使った例文

最後の項目で、「英雄」を使った例文を書きます。

・『彼の部隊は撃墜数がナンバー1であり、名実ともにラバウル航空隊の英雄になりました』

・『本当の英雄とは、寡黙な努力家だ』

・『いかにも英雄気取りだが、社長の地位を作り上げた人は、従業員に切れ者がいるからだと思います』

・『国民的英雄になるには、何か偉業を達成する必要があるのだろう』

・『社内の英雄と言われている人は、売り上げ成績が良い』

まとめ

まとめとしては、「ヒーロー」の場合、勇者を指したり、演劇などに登場して、活躍するキャラクターを指します。

また、スポーツなどで大活躍した人も該当するのです。

そして、「英雄」の場合は、頭も良く、実際に戦っても強くて、結果を残した者で、皆から認められている人材を表すときに使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典