スポンサーリンク

「ビッグフライオオタニサン」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ビッグフライオオタニサン」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ビッグフライオオタニサン」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ビッグフライオオタニサン」とは?意味

「ビッグフライオオタニサン」は、アメリカの野球リーグ、エンゼルス担当のビクター・ロハス氏が日本人選手大谷翔平に向けて発した言葉です。

言葉の意味は、単純でホームランだ大谷さんという意味になりまんまの意味で実際に大谷選手は当時、ロハス氏の実況アナウンス時にホームランを打った最中にこの言葉を受けており、まんまホームランを打ったとだけ英語と日本語を交えて解説しています。

「ビッグフライオオタニサン」の概要

「ビッグフライオオタニサン」がなぜ、人気を得たのかは、実況アナウンサーが日本語で大谷さんと言っていることにあり、ビックフライは英語でありますが英語と日本語が入り混じっているが故、外国のアナウンサーが日本語を話していると日本で話題となったのです。

なお他にも話題となった言葉としては、バスガーシアン氏が実況解説時にスワッテクダサイと解説したことも話題で、この言葉はベンチで座ってろを日本語に言いかえたものになり、要は海外の英語などの文化権の方が日本語を使うことに対して面白いと思えるかどうかで話題になったというのが、「ビッグフライオオタニサン」です。

「ビッグフライオオタニサン」の言葉の使い方や使われ方

「ビッグフライオオタニサン」は、海外の日本語圏外の方が大谷選手がホームランを打ったと言いたい場合使用し、それを日本人が聞くと大谷選手がホームランを打ったと認識します。

その為、日本人が「ビッグフライオオタニサン」と片言で話すのはふさわしい使用法ではないです。

「ビッグフライオオタニサン」を使った例文

・『ビッグフライオオタニサンと外国の方が口にする』 この例は、「ビッグフライオオタニサン」と日本国外の国籍の方が口にして、大谷選手がホームランを打ったと言っている例です。

「ビッグフライオオタニサン」という言葉が広く浸透したが故、海外の外国籍の方も使用する言葉になり、日本においては、外国の方が片言でホームランを打ったことを伝える言葉になったのです。

何故、こうしたことが起こるかは、インターネットなどで即座に情報を各国が共有するが故、日本で話題なったことはすぐに世界に広がり、その逆もまたしかりになります。

まとめ

「ビッグフライオオタニサン」は、いわば、インターネットなどが成熟し誰もが情報を共有可能となったが故生まれた語録で、内容自体は外国籍の方が片言でホームランを打ったことを伝えているにすぎません。

ですが、肝心なことは、外国籍の方が日本語で伝えているという点が重要であり、こうした話題は国境を越えて伝わるが故、名言となり「ビッグフライオオタニサン」と発した、アナウンサーの引退後も話題となり今現在では広く世界で知られている言葉となりました。

こうした、言葉の普及はいわば一種の流行のあるコンテンツのようなものでだれもが大谷選手に注目している表れでもあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典