スポンサーリンク

「ビッグマウス」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ビッグマウス」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ビックマウス」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ビックマウス」とは?意味

「ビックマウス」はその名の通り、大きい口のことで、単純に大きな口の人物を指すか、口が軽いという簡単に何でも話してしまう人のことを意味します。

なお、日本で使用されている「ビックマウス」は英語の「ビックマウス」と異なり、口が軽いことや口が大きい意味ではなく、大口をたたくという解釈です。

なお、この解釈の違いは、日本語とアメリカ文化で言う大口をたたくという言葉の解釈の違いで日本で言う「ビックマウス」は直訳して大口という意味になるが故大口をたたくという意味になりました。

「ビックマウス」の概要

「ビックマウス」という言葉の解釈が日本と海外とで異なるのは、日本の場合、大口をたたくという言葉があり、それを直訳したら「ビッグマウス」なのでは?ということから「ビックマウス」は日本では大口をたたくことであるとしていますが、海外では、単におしゃべりな人や口がでかいだけの人を意味しているため、言葉文化の違いにより意味が異なります。

その為、海外で、「ビックマウス」呼ばわりされた場合、嘘つきであることやできもしないことを言う人物ではなく、単なるおしゃべりさんや口がでかい人というだけになるのです。

無論、どちらに転んでも意味はそれほど格好良い意味ではありませんが、何故か日本では、「ビックマウス」=大きなことを平然という人という意味があるが故、ちょっとだけ格好いい響きもあり、よくプロレスラーの方々はたびたび「ビックマウス」という言葉を使いたがるのはそうした格好よさからになります。

「ビックマウス」の言葉の使い方や使われ方

日本の場合は、嘘つきやできもしないことを言う人物に対して使用する言葉が「ビックマウス」です。

「ビックマウス」を使った例文

・『できもしないことを言ってのけるビックマウスぶり』
この例は、「ビックマウス」を嘘つきと解釈しており、できもしないことばかり言うことを述べています。

まとめの概要

「ビックマウス」はおそらく日本の人は大抵、嘘つきやできもしないことを平然と言ってのける人物だという認識でしょうが、実はそうではなく、本当の意味は単におしゃべりで秘密を暴露したがるウザい奴のことや、本当に口がでかいだけの人を意味するのです。

その為、日本では、大ぼら吹きやでかいことを口にしたがる実力者に見える人物だと言い切れますが、海外ですと単なる秘密の暴露魔で嫌な奴でしかありません。

もしくは本当に口が大きいだけの人物であるため、褒め言葉や貶されているわけでもなく単なる事実を言われているにすぎません。

ただ、初対面の方に対して面と向かい、口が大きい人ですねと言うのはどうかと思いますが、事実であるため「ビックマウス」は海外では本当に口がでかいだけの人を指す場合もあり、日本のように大きく打って出る人物という格好良いイメージなど一切ないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典