スポンサーリンク

「ビーコン」と「GPS」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ビーコン」と「GPS」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ビーコン」「GPS」の違いを分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「ビーコン」とは?

ビーコンとは、Beaconという英語の綴りでも表記される言葉です。

もっともビーコンという言葉自体は古くから存在しており、以前までは狼煙や灯台といった何かを誘導して信号を送るモノを表現する言葉として用いられていました。

ですが現在ではビーコンの持つ意味合いが違って来ており、Bluetooth信号を発信する事によって位置情報を知る技術を表す言葉となっているのです。

「ビーコン」の使い方

ビーコンには元々狼煙や交通標識といった意味があり、何かを誘導したり信号を送る役割を持つモノに対して使用されていました。

ですが現在ではビーコンという言葉は主に、Bluetooth信号を駆使した位置特定機能に関して、用いられるべき言葉となっているのです。

「GPS」とは?

GPSとは、グローバル・ポジショニング・システムのそれぞれの頭文字を取った略語であり、ジーピーエスと読みます。

そんなGPSは人工衛星を利用した地理情報計測システムの名称で、地上のあらゆる場所の緯度や経度、高度等を特定するシステムとなっているのです。

「GPS」の使い方

GPSは位置情報を計測するシステムであり、携帯電話に搭載されている事が多くなっています。

そのため現在では自身やスマートフォンの現在地を知りたい時に、このGPSという言葉が使われる事が多いです。

他にもこのGPSは、車のカーナビゲーションシステムにも搭載されていたりします。

なのでカーナビに関連した情報や話題の際に、このGPSという言葉が使用される事が少なくないです。

「ビーコン」と「GPS」の違い

ビーコンとGPSは、言葉や読み方等は全く違う言葉同士となっています。

ですが互いに位置情報を報せる機能を有しているため、いざという時にどっちがどっちか分からなくなるという人もいたりするものです。

もっともビーコムは、半径数十メートル程度という限られた範囲に信号を送る事で位置を特定する機能となっています。

対するGPSの方は遙か上空にある人工衛星から発信される信号を受信する事で、位置を特定するといったシステムです。

この様に位置情報を把握する際の、発信源や仕組みが全然違っています。

「ビーコン」の例文

・『ビーコンを活用したお陰で施設内の位置を細かく把握出来ます』
・『ビーコンの位置情報を利用したスマホゲーが幾つか大ヒット中です』

「GPS」の例文

・『私のスマホはGPSを搭載しているので、現在地をきちんと把握出来ます』
・『今日はカーナビのGPSの調子が悪いのか、位置ズレが酷いです』

まとめ

2つの言葉は、使用されている言葉も読み方も全然違っています。

ですがどちらも、位置情報を報せる機能に関する言葉なのでややこしいです。

ただしビーコンは基本的にBluetooth信号を利用した、位置情報機能を表す言葉となっています。

一方のGPSは、人工衛星から発信される信号を受け取り位置情報を得るという仕組みの機能を表す言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典