スポンサーリンク

「フィランソロピー」と「メセナ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フィランソロピー」と「メセナ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フィランソロピー」「メセナ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フィランソロピー」とは?

「フィランソロピー」は、思想の一つでギリシャ語で博愛主義や社会貢献活動を意味する言葉に当たり、日本で言えば、慈善事業のことを指す言葉になり、企業側が取り入れている企業理念や思想の一部です。

この思想を取り入れれば、企業側は地域の活動に貢献をしておりかつ人権などの問題にも貢献をしているとみなされます。

「メセナ」とは?

「メセナ」は、人間が持つ芸術というコンテンツのみに的を絞り貢献をします。

博愛主義や社会貢献と異なり、芸術というコンテンツのみしか貢献をしませんので、「メセナ」は美術館の運営の他図書館の運営などが主な貢献活動です。

「フィランソロピー」と「メセナ」の違い

「フィランソロピー」「メセナ」の違いは、貢献しているジャンルが異なります。

「フィランソロピー」は、博愛や社会貢献なので広い意味では人権活動の他、慈善事業を行うことで、紛争地域に対する寄付や貧しい国への技術提供を行うなどがあります。

一方、「メセナ」は、美術のみにしか貢献しませんのでこちらは美術館の建設や芸術家への援助のみが主な目的です。

「フィランソロピー」「メセナ」はまったくの別の思想であるが故、唯一の相違点においては両者は寄付などで貢献をする点は合致しています。

「フィランソロピー」の例文

・『フィランソロピーはわが社のイメージアップに繋がる』

この例は、「フィランソロピー」という思想が会社のイメージをアップさせることに繋がるとした例になります。

その理由は、「フィランソロピー」の思想が、社会貢献であるため、第3国に貢献することでも自社のイメージが上がると判断したのです。

「メセナ」の例文

・『メセナという思想は、芸術家に直接寄付という形で貢献してもよい』

この例は、「メセナ」という思想は、芸術に貢献することにあるため、芸術家に直接寄付をしてもよいとした例です。

実際、「メセナ」の思想には、芸術家に支援する側面があります。

例えば、若手の芸術家を支援することが「メセナ」の思想で、企業側が資金を援助することで芸術家を生み出すという側面があるのです。

まとめ

「フィランソロピー」「メセナ」の違いは、思想のジャンルが異なります。

「フィランソロピー」は人権や社会貢献をすることに当たるため、こちらは広い意味で地域貢献の他、国家間で貢献を行い紛争などの問題にも関与します。

一方、「メセナ」は、美術という人間が持つ感性のみを磨くことを重要とする思想であるため芸術にいかに貢献するかです。

ですが、芸術家に貢献をすること自体にも意味があり、企業側が芸術家に資金などを援助すれば芸術家はその資金を使用して新たに作品を残し、芸術家に貢献した企業ということで名が知られるため企業側としても紛争に関与して問題を解決することより、芸術で関与したほうが良いという考えもあるため、どちらの貢献方法も企業としてはイメージアップに繋がるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典