スポンサーリンク

「フィードバック」と「フィードフォワード」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フィードバック」と「フィードフォワード」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フィードバック」「フィードフォワード」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フィードバック」とは?

「フィードバック」とは、物事の考え方の一つで、過去に起きた事例から物事の解決方法を探ろうというのが「フィードバック」の考え方です。

例えば、水害が起きた地域が過去にあったと仮定した場合、どの程度の水害が過去に起きたかを考えることで、堤防やダムなど様々な防衛処置を後から作り出そうという考えを、「フィードバック」と呼びます。

この考え方の利点は、過去の事例をもとに問題の対策法を考えるという手法上、必ず対策を練り上げることができる点にあり、未来を予測する必要性を考えても過去のデータをもとに未来も予測するため、絶対に必要な対策を練る場合はとても有効な考え方になる点です。

「フィードバック」の使い方

「フィードバック」は、言葉として使用するケースにおいては、後から問題対策に当たることを「フィードバック対策」と呼び、問題が起きた後から過去の事例を振り返り問題の対策をするという言葉として使用します。

システムでこの言葉を使用する場合、対策方法の一つとして使用し、過去の事例から今現在に起きている問題の対策をしようとする手段として「フィードバック」という考え方を用います。

「フィードフォワード」とは?

「フィードフォワード」は、これから起こり得そうなことを未来予測して問題の対処に当たろうという考え方です。

未来を予測して対策を練るという手法上、未来予測が正確であれば、対策と舌は万全の機能を果たすのが利点ですが、反面に未来予測が外れると、全く機能しない考え方の一つとなります。

「フィードフォワード」の使い方

「フィードフォワード」を物事の考え方の一つという言葉で使用するのであれば、「フィードフォワード対策」という言葉で未来を予測し問題の対策に当たる考え方という言葉として使用します。

これをシステムの一つの考え方として使用する場合、未来予測システムという考え方でこの言葉を使用し、起こり得る未来を予測し、対策を講じることができるシステムであるとします。

「フィードバック」と「フィードフォワード」の違い

「フィードバック」「フィードフォワード」の違いは、対策を講じる必要性がある問題に対処することであると仮定した場合、先に対処するか後に対処するかという違いです。

「フィードフォワード」は起こり得る未来を予測し、予測結果が正しければうまく対策が機能しますが、反面に予測の当てが全く外れると意味のない対策を講じたこととなり、対策費用が一切無駄となります。

一方「フィードバック」は、過去の事例から問題の解決を図るため、予測の範囲内であれば絶対に対策が可能な点、予測を大きく見積もれば大きく対策を見直せる点がありますが、どこまで予測を見直すかなどを考えるときりがなく、対策を講じる手段としては必要な経費を抑えることが可能ですが、反面、経費を削減されていくと必要最低限の対策しかできないです。

まとめ

「フィードバック」「フィードフォワード」の違いは、対策という問題を解決する方法であると仮定した場合、過去の事例から問題解決に当たるか、未来を予測して対策に当たるかという違いです。

両者ともに得手不得手があり、両方を組み合わせることで完璧な問題対策のシステムとすることが多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典