スポンサーリンク

「フィーリングで決める」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フィーリングで決める」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フィーリングで決める」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フィーリングで決める」とは?意味

何となく感じるもので物事を決めるという意味です。

フィーリングには、感覚という意味があります。

はっきりとした感覚のことではなく、なんとなく感じるものをいいます。

感覚には、光や音など外部の刺激を感じとる働きと、それによって起こる知覚という意味や、心の働きという意味があります。

フィーリングが意味する感覚とは、心の働きのことです。

目に光が入ってきて物を見る、手にやかんが触れて熱いと感じるなどの感覚ではありません。

決めるには、決定、はっきりさせるという意味があります。

こういったことから、「フィーリングで決める」とは、何となく感じるもので物事を決定するという意味になります。

「フィーリングで決める」の概要

はっきりとした理由はないけれど、なんだか選んでしまうことがあるのではないでしょうか。

それは、何となく何かを感じ取っていて、それによって選んでいる可能性があります。

飲食店でメニューを選ぶときのことで考えてみます。

メニュー表を開いてみると、なんだかよくわからな名前が並んでいます。

この店のオリジナルメニューなのか、海外の料理なのか、聞いたことがない名前ばかりです。

写真や説明書きがあれば、そこからどのような料理か判断できるのですが、そういったものはありません。

お店の人に聞きたいのですが、初めての店で聞く勇気がありません。

そこで、感覚で選んでみることにしました。

音の響きがよい、おいしそうな感じだといった、何となく感じるもので選んでみたのです。

これを「フィーリングで選ぶ」といいます。

どのような料理なのかわかっていれば、これがおいしくて好きだから、ダイエット中で摂取カロリーを控えたいからなど、何らかの理由があって選ぶでしょう。

しかし、どのような料理なのかわからない場合は、こういったことができません。

そのようなときに感覚に頼ることがあります。

「フィーリングで決める」の言葉の使い方や使われ方

はっきりした理由はなく、感覚で選ぶことを指して使用する言葉です。

選ぶものがどのようなものなのかは問わず、この言葉を使用することができます。

衣服、食べもの、仕事などさまざまな事柄をいいます。

重要なことを決定する場合には、この行為は行わないことが一般的です。

こういった理由で選んだとはっきり言えるような場合には、使用しない言葉です。

「フィーリングで決める」の類語や言いかえ

「感覚で決定する」が似たような意味の言葉です。

何かを感じ取る心の働きで物事を決めるという意味です。

はっきりとした理由がないけれど、心に感じるもので決めることをいいます。

まとめ

何かを選ぶとき、理由があって選ぶこともあれば、理由はないけれど何となく選ぶこともあります。

何となく受け取る感じで選ぶことをこの言葉は意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典