「フェイクニュース」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「フェイクニュース」

フェイクニュースというのは虚偽報道という意味であり、マスコミやSNSなどにおいて事実とは異なる誤報を報道することを指しています。

また、誤報を報道するメディアを指すこともあります。

「フェイクニュース」の意味

英語におけるフェイクニュースは初めから嘘であるということを認識した上で行われる架空の報道を指すことが多いです。

また、憶測をあくまで事実であるかのように行動する場合は捏造報道と言われます。

「フェイクニュース」の言葉の使い方

フェイクニュースというのはあくまでも誤報になりますが、悪意を持って誤報を流した場合、悪意虚偽として問題視されることもあり、日本においてはフェイクニュースそのものが出回る事はあまりありません。

しかしアメリカにおいては合衆国憲法の修正第1条において虚偽報道の権利が認められています。

1990年代から、アメリカではファクトチェック機関というものが出来上がり、行動が正しいものであるということを確認するようになりました。

しかし実際のところはあまり機能しておらず、特に2016年のアメリカ合衆国大統領選挙においては審議がわからない情報があまりにも多かったことにより、正しい情報さえもフェイクニュースと見られてしまったという問題がありました。

「フェイクニュース」を使った例文・短文(解釈)

フェイクニュースという言葉を使った文脈にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここではフェイクニュースという言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「フェイクニュース」の例文1

「フェイクニュースしかしない報道機関の事はイエロージャーナリズムと言われている」

今でこそ、フェイクニュースは一般的になりつつありますが、特に20世紀頭においては新聞や雑誌などにおいて虚偽報道が問題視される背景がありました。

虚偽報道しかしないメディアの事はイエロージャーナリズムと呼ばれ、人々から警戒されていたのです。

しかし最近ではフェイクニュースにより人々を扇動することが可能になったため、SNS等にはフェイクニュースが出回ることも少なくありません。

そのため、フェイクニュースに関する警戒心レベルが下がったと言っても良いかもしれません。

「フェイクニュース」の例文2

「閲覧者にクリックさせるための目的でフェイクニュースが流れることもあるから気をつけなさい」

フェイクニュースというものはただ作られるというわけではありません。

そこには様々な目的があり、中には金銭目的で作られているフェイクニュースもあります。

例えば最近はフリーランスとしてアフィリエイトで金銭を得る人も増えましたが、そのようなアフィリエイトにおいては人々を煽るフェイクニュースを作り、閲覧者にクリックをさせるための詐欺的なウェブサイトも作られています。

また、YouTubeなどではフェイクニュースの方が閲覧回数を増やすことができるため、広告収入を目的としてフェイクニュースを作成する人も増えています。

「フェイクニュース」の例文3

「2016年のアメリカ合衆国大統領選挙においてはフェイクニュースが利用され、人々がかなり惑わされていた」

トランプ大統領とヒラリークリントンが戦ったアメリカ合衆国大統領選挙においては、ヒラリークリントンに関するフェイクニュースが流れました。

あるピザのお店がクリントンの関わる買収の拠点になっているという疑いが出て、人々が大きく惑わされたのです。

そこに11月、ピザゲート事件が起こったことによってフェイクニュースがあからさまとなりました。

しかし火のないところに煙は立たないと考える人もいれば、あくまでもフェイクニュースだと考える人もおり、フェイクニュースは政治にも大きな影響を与えていると言えるのです。

「フェイクニュース」の例文4

「日本においてはフェイクニュースは規制が厳しいからあまり問題視されていない」

アメリカでは過激なフェイクニュースが出回ることもありますが、日本ではもしもフェイクニュースが出回れば大きな問題となります。

メディアは信頼を失うでしょうし、人々も警戒するようになります。

そのため、特にメディアにおいてフェイクニュースが流れる可能性はあまりないのではないかとも言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典