スポンサーリンク

「フォーマル」と「カジュアル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フォーマル」と「カジュアル」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フォーマル」「カジュアル」の違いを分かりやすく説明していきます。

服飾について使用されることが多い2つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「フォーマル」とは?

「フォーマル」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「フォーマル」は英語表記で「formal」となります。

「フォーマル」には「正式な様子、公式な様子、儀礼的」という意味があります。

友達同士で会食をするときと、会社の行事として会食をするときは、雰囲気がまるで違うと思います。

会社の行事のような正式な場、公式な場のことを「フォーマル」と呼びます。

「今日はフォーマルな会食だから、きちんと身だしなみを整えてくるように」などと「フォーマル」を使って状況を説明することができます。

次に「フォーマル」には「フォーマルスーツ。

フォーマルウェア」
という意味があります。

正式なパーティにはフォーマルスーツを着ていくべきだというときは、「正式なパーティだから、フォーマルを着ないと」などという使い方をすることができます。

「カジュアル」とは?

「カジュアル」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「カジュアル」「casual」と英語表記します。

「カジュアル」は、「格式張らずくつろいでいる様子。

気軽な服装の様子」
を意味します。

「カジュアルウェア」の略として使われることが多い言葉で、「普段着」「街着」と呼ばれる服を指します。

たとえば、コンビニに行くときに選ぶような服で、格式張らず、着心地で選んだような服装などを指します。

また、会社でパーティをするときに、正式な雰囲気のものではなく、有志の気楽な集まりのような雰囲気のパーティだと説明するとき、「今日のパーティは、カジュアルな雰囲気だから、普段着で来てね」などと言うことがあります。

「フォーマル」と「カジュアル」の違い

「フォーマル」「カジュアル」の違いを、分かりやすく解説します。

「フォーマル」には、「正式な様子、公式な様子、儀礼的」また「フォーマルスーツ。

フォーマルウェア」
という意味があります。

一方の「カジュアル」「格式張らずくつろいでいる様子。

気軽な服装の様子」
を意味します。

服装について「フォーマル」「カジュアル」と2つの言葉がついになることが多くなります。

パーティや式などに参加するための、きちんとした服装のことを「フォーマル」と呼び、友達同士で遊びに行くときに着たり、コンビニに行くときに着るような服装を「カジュアル」と呼びます。

そのため、ドレスやタキシードは「フォーマル」、ジャージ姿は「カジュアル」に含まれることになります。

まとめ

「フォーマル」「カジュアル」の違いについて見てきました。

2つの言葉には大きな違いがありました。

「フォーマルな服装で」と言われたとき、また「カジュアルな服装で大丈夫」と言われたとき、どのような服を着て行けばいいか、分かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典