スポンサーリンク

「フラッシュマーケティング」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フラッシュマーケティング」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、短時間という意味をフラッシュと指す割引などの手法「フラッシュマーケティング」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フラッシュマーケティング」とは?意味

24時間から72時間程度、長くても一週間以内の短時間で使用できるクーポンを配布することで集客を図るマーケティング手法で、短時間しか使えないクーポンの性質上ほぼインターネットのみで行われます。

クーポンをうまく使えると非常に得するシステムであるため、成功すればリピーターが多くつくこともあります。

なお、手法を解説する言葉でありフラッシュマーケティングと検索しても手法を解説するサイトがほとんどで、クーポンサイトなどの検索でサービスそのものにたどり着けます。

「フラッシュマーケティング」の概要

割引クーポンが発行時点から24時間から72時間程度以内にインターネットショッピングで使える手法がフラッシュマーケティングと呼ばれており、海外のサービスでは1日に時間制限がありなおかつ、一定人数の購入があって初めて成立するクーポンが届き、一定人数が集まることでクーポンが使えるという共同購入型クーポンと呼ばれるシステムを採用しているためうまく機能すると評判が評判を呼ぶという好循環に繋がり得るサービスと言えます。

直接的にはフラッシュマーケティングとは呼ばれていませんがテレビショッピングにおいての30分以内の割引、チラシにおける比較的短期間の日数の割引クーポンを付与するドラッグストアの方式は、インターネットを一切使用していないという状況下においては近しいものがあるとも言えます。

また、各種のインターネットサービスの仕様でプレゼントされるタイプの店舗クーポンもある程度機関が設定されており、こちらは口コミの投稿の必要はないものの近しいサービスととらえられます。

日本においては共同購入型クーポンと呼ばれるサービスはグルーポン、くまポン、みんなのクーポンなどが存在しています。

クーポンサイトを使用しない限り、あまり目にしないサービスということもでき、大手のインターネット通販が直接同一サイトでフラッシュマーケティングを利用しているケースは少なく、別に存在するサイトを運営しているケースが一般的と言えます。

「フラッシュマーケティング」の類語や言いかえ

サービスそのものの言い換えとしては期間限定サービス、タイムサービスなどが近いのですが、共同購入型クーポンはクーポン共同購入サイトなどとも言いますが、システムが複雑に入り組んでいるケースが有り、この場合短くわかりやすい言葉を使用しての言い換えはかなり難しく、意味を説明する言葉での言い換えとなるでしょう。

まとめ

フラッシュマーケティングはオンラインのみで展開できるサービスと言え、ある程度インターネットを使い慣れていないと難しそうに見えてしまう点が欠点ですが、うまく使えると非常に得なサイトと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典