スポンサーリンク

「フリーランス」と「フリーター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フリーランス」と「フリーター」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フリーランス」「フリーター」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フリーランス」とは?

「フリーランス」は、「独立して自由に複数のクライアントと契約を結んで働くスタイル」という意味です。

英語で“Freelance”と書き、サラリーマンの様に会社と雇用契約を結ぶのではなく、自分で独立して、複数の企業(クライアント)と契約を結び、それぞれ受注して納品するという働き方です。

クライアントとは「雇用契約」ではなく「業務委託契約」になり、数多くの委託を受けてこなすほど収入が増えます。

似たような働き方に「個人事業主」がありますが、こちらは税務署に開業届を出している人です。

個人事業主になった方が税金面でお得になります。

「フリーター」とは?

「フリーター」「パートやアルバイトで働いている、又は働く意思のある、無職の若者」という意味です。

“free”(自由な)と“arbeiter”(アルバイトする人)を組み合わせて作った和製英語で、英語では“Part-time workers”と言います。

時間給で労働する正社員以外の若い年代の人で、学生と主婦以外の人という定義があります。

似たような働き方に「ニート」がありますが、こちらはそもそも求職活動していない人です。

「フリーランス」と「フリーター」の違い!

「フリーランス」「独立して自由に複数のクライアントと契約を結んで働くスタイル」です。

「フリーター」「パートやアルバイトで働いている、又は働く意思のある、無職の若者」です。

まとめ

今回は「フリーランス」「フリーター」の違いをお伝えしました。

「フリーランスは独立して契約を結ぶ働き方」「フリーターは時間給労働する若者」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典