スポンサーリンク

「フロアMTモード付6AT」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フロアMTモード付6AT」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フロアMTモード付6AT」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フロアMTモード付6AT」の意味

MTモードに切り替えると、プラス・マイナスの手動操作でトランスミッション(ギア)の切り替えができる6速AT。

「フロアMTモード付6AT」の解説

「フロアMTモード付6AT」というのは、「AT(オートマ)車の中で、手動操作によってギアの切り替えが可能なMTモードを備えたもの」のことです。

「フロアMTモード付6AT」は基本的に「AT」なのですが、シフトノブの部分にある「+・-(プラス・マイナス)」のボタンなどを操作することによって、任意にギアを切り替えて選択できる「MTモード」がついているのです。

「フロアMTモード付6AT」「AT」ですので、MT(マニュアル・トランスミッション)のような運転感覚を得られるのに、「AT限定免許」でも乗れるというメリットがあります。

「フロアMTモード付6AT」のMTモードは、「加速・減速の調整」「エンジンブレーキ」に活用することができます。

「フロアMTモード付6AT」の使われ方

「フロアMTモード付6AT」は、「シフトノブの部分にある+・-(プラス・マイナス)のボタンなどを操作して、任意のギアに切り替えられる6速AT」のことを意味して使われます。

「フロアMTモード付6AT」というのは、「ATの動力機構なのに、自分でギアを選択してクラッチをつなぐMT車のような運転感覚を得られるMTモードを備えたトランスミッションの仕組み」を指して使われる自動車用語なのです。

例えば、「フロアMTモード付6ATなので、坂道ではエンジンブレーキを効かせやすいのです」などの例文で使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典