スポンサーリンク

「ブランド」と「メーカー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブランド」と「メーカー」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ブランド」「メーカー」の違いを分かりやすく説明していきます。

ショッピングをしていると耳にすることが多い、「ブランド」「メーカー」には、どのような意味、違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「ブランド」とは?

「ブランド」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ブランド」「brand」と読みます。

「ブランド」「銘柄や商標」という意味があります。

一つの企業にいくつかの「ブランド」がある場合が多く、自社のほかの商品やサービスと区別するために、イメージごとにまとめた商品群のことを指します。

そのため、まるでイメージの違う2つの「ブランド」が、実は同じ会社の商品ということが良くあります。

また「ブランド」には、「高級品として有名な商品と商標」という意味があります。

ファッション系の商品について使われる言葉が多くなります。

例えば単に「ブランドバッグ」という場合は、ある程度高級品として認知されているような商標のバッグを意味し、安物のバッグは商標があったとしても含まれません。

「メーカー」とは?

「メーカー」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「メーカー」は英語表記で「makers」となります。

「メーカー」「製造業者。

製造元」
を意味します。

何かの製品を作る企業のことを、「メーカー」と呼びます。

特に、一般的に知られている大手の製造会社に対して、「メーカー」という言葉を使う傾向があります。

例えば、就活を控えた大学生が、「メーカーに就職したい」という場合は、誰でも知っているような大手の製造会社に就職したいという意味があります。

「メーカーの給料は高い」「メーカーは従業員数が多く、エーカーのビル周辺は一つの街のようだ」などという「メーカー」という言葉を使った文章を作ることができます。

「ブランド」と「メーカー」の違い

「ブランド」「メーカー」の違いを、分かりやすく解説します。

「ブランド」「銘柄や商標」という意味があります。

一方「メーカー」は、「製造業者。

製造元」
という意味があります。

例えば服飾の「メーカー」が、いくつかの「ブランド」を持つことは、一般的なことです。

「ワールド」「アパレルメーカー」の名前で、「UNTITLE」「INDIVI」「ブランド名」となります。

ただし、「メーカー」の社名自体がブランドになっている場合は、「メーカー品」でもあり「ブランド品」でもあるため、同じ意味になります。

このように「ブランド」「商標」であり、「メーカー」「製造元」という大きな違いがあり、「メーカー」「ブランド」を複数持つことは、企業の一つの典型的な形となっています。

まとめ

「ブランド」「メーカー」の違いについて見てきました。

2つの言葉には大きな違いがありました。

「メーカー」と、その傘下にある「ブランド」という関係は、自動車会社や飲食店など、あらゆる業界で見られる形態なので、ホームページなどで探してみると楽しいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典