スポンサーリンク

「プチトマト」と「ミニトマト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プチトマト」と「ミニトマト」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プチトマト」「ミニトマト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「プチトマト」とは?

直径が3~4cm、重さが20~30g程度の小型のトマトのことです。

トマトはナス科トマト属の植物で、南米アンデス高地が原産地とされています。

日本では夏が旬の野菜です。

1年中で回っていますが、出荷量が多い季節は6月から9月ころです。

トマトにはさまざまな品種があり、小さなものを「プチトマト」と呼んでいます。

サラダの他、卵炒め、グラタン、パスタなどさまざまな料理に使われます。

生でも加熱しても食べれらるものです。

もともとタキイ種苗がこの名で種を販売していたといわれます。

当時、団地で暮らす人がたちが増え、ベランダで野菜などを育てる人も増えていました。

ベランダで大きな植物を育てることは難しいです。

そこに目をつけて、小型のものを売りに出したといわれています。

現在はこの名での種を販売していません。

「プチトマト」の使い方

小型のトマトを指して使用する言葉です。

「ミニトマト」とは?

小型のトマトのことです。

直径3~4cm、重さ20~30gていどのものをいいます。

小さなトマトの総称であり、一つの品種を指しているのではありません。

小さなトマトには、千果、オレンジ千果、CFココ、ペペ、イエローピコなどがあります。

赤、オレンジ、黄色、紫などさまざまな色があります。

また、品種によって栽培のしやすさ、収穫量、糖度などが異なります。

選び方ですが、皮にはりがあり、色つやがよく、ヘタが緑色でピンとしているものがよいとされています。

ヘタが黒くなってきているのは、収穫から日数が経っています。

サラダにして食べることが多いですが、ベーコン巻、卵炒め、スープ、グラタンなどにしても食べられています。

お弁当に入れることも多いです。

赤い色がアクセントになります。

「ミニトマト」の使い方

小さなトマトを指して使用する言葉です。

「プチトマト」と「ミニトマト」の違い

どちらの言葉が指すものも同じです。

厳密に区別せずに使われています。

これらは小さなトマトの総称であり、一つの品種を指しているのではありません。

小さなトマトには、CFココ、千果、イエローペコなどさまざまな品種があります。

色は赤、黄色、紫などいろいろありますが、色に関係なく小さなものならこの名で呼んでいます。

「プチトマト」の例文

・『プチトマトを収穫する』
・『ベランダでプチトマトを育てる』
・『プチトマトの実がたくさんできた』
・『プチトマトが大豊作だ』

「ミニトマト」の例文

・『お弁当にミニトマトが入っていた』
・『ミニトマトが大好き』
・『1パック250円のミニトマト』
・『甘味が強いミニトマト』

まとめ

2つの言葉が指すものは同じです。

厳密に区別されずにこの名で呼んでいます。

種類が豊富で、さまざまな色のものがあり、それらを総称する呼び方になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典