スポンサーリンク

「プラモデル」と「フィギュア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プラモデル」と「フィギュア」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プラモデル」「フィギュア」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

結論から書きますと、「プラモデル」は、プラスチックを組み立てて作る模型です。

「フィギュア」の方は、映画やアニメなどに登場するキャラクターの姿をした模型になります。

それでは詳細の方を見てみましょう。

スポンサーリンク

「プラモデル」とは?

最初に「プラモデル」の意味をご説明致します。

「プラモデル」とは、「プラスチックモデル」の商標名になります。

そして、プラスチックで作られている部品を、取扱説明書や接着剤、塗料などを用いて作る模型です。

「フィギュア」とは?

次は「フィギュア」の意味を解説していきます。

「フィギュア」の場合、漫画や映画などに登場するキャラクターの姿をした模型のことです。

もちろんですが、キャラクター以外の「フィギュア」も存在します。

例えばですが、芸能人や艦船、車などです。

「プラモデル」と「フィギュア」の違いとは?

ここでは「プラモデル」「フィギュア」の違いを取り上げてみましょう。

「プラモデル」とは、基本的に娯楽や趣味などで、作る人が多い傾向があります。

そして、プラスチックの部品を、ひとつひとつ順番通りに、接着剤で組み合わせていき、必要であれば塗料やシールなどを使います。

一方で、「フィギュア」の場合は、マニア向け志向が強い模型でしょう。

また、材質に至っても色々ありますし、キャラクター以外にも、航空機や動物などの「フィギュア」も存在するのです。

因みに「フィギュア」は、完成品であることが殆んどとなります。

「プラモデル」と「フィギュア」の使い方の違い

この項目においては、「プラモデル」「フィギュア」の使い方の違いを説明します。

前者の使い方

「プラモデルを組み立てるのは楽しい」

「プラモデルは高い」

後者の使い方

「フィギュアを手に入れるために1年かかった」

「このフィギュアはレア品なんだ」

前者の場合は、「プラモデル」の値段や、組み立てについて説明しております。

一方で後者は、「フィギュア」のレア度や、入手についての苦労を指す使い方です。

「プラモデル」を使った例文

・『プラモデルの塗装は時間がかかる』

・『僕はプラモデルが好きになった』

・『プラモデルは色々なスケールがあるのも楽しいのだ』

・『僕の友人は、プラモデルで生計を立てている』

・『プラモデルは細かい部分まで再現されている』

「フィギュア」を使った例文

・『ブリキのフィギュアは今日日に至っては、珍しい』

・『フィギュアが100万円しても、手に入れたい』

・『ドラえもんのフィギュアが大人気だとというニュースをみました』

・『フィギュアは完成品な分、値が張るので、置き場所などにも苦労します』

・『趣味はフィギュア集めとなると、それなりにお金のかかる趣味ではあります』

まとめ

まとめとして、「プラモデル」は趣味や娯楽で作る人が大多数です。

詳細は、プラスチック部品を接着剤や取扱説明書を見て、順番に組み立てるものになります。

「フィギュア」の場合は、完成品であり、マニア向けな色が強いのです。

キャラクターの他に、航空機や城、恐竜などが立体的に再現されている模型になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典