「プリティ」と「キュート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プリティ」と「キュート」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プリティ」「キュート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「プリティ」とは?

「プリティ」の意味と使い方について紹介します。

「プリティ」の意味

「プリティ」「見た目がいい」という意味です。

「プリティ」の使い方

「プリティ」は、「見た目が良い、キレイ」な時に使われる言葉です。

英語の“pretty”が日本語化した言葉で、「キュート」と混同する人も多くいますが、「愛らしい」というよりは「上品で美しい」「見た目がキレイ」というニュアンスが強くなります。

有名な映画のタイトルに「pretty woman」というのがありますが、こちらは「いい女」という意味です。

「プリティ」は、人以外にも動物や洋服、花や景色など幅広く使えます。

因みに“Pretty good.”“Very good(すごくいい).”ではなく「結構いい」という意味です。

「キュート」とは?

「キュート」の意味と使い方について紹介します。

「キュート」の意味

「キュート」「小さいくてかわいい」「幼くて愛らしい」という意味です。

「キュート」の使い方

「キュート」は、「小さくてかわいい」「幼くて愛らしい」など、胸がキュンキュンする様な時に使われる言葉です。

英語の“cute”が日本語化した言葉で、ほぼ同じ様な使われ方をします。

赤ちゃんや小さい子供、動物の赤ちゃんや、小物雑貨など、女子高生が「カワイイ!」と叫びそうなものに対して使えます。

人や動物だけはなく、その雰囲気や仕草なども含みます。

因みに、英語では“cute”は、ピチピチとした若くてイケメンの男性に対して使われることもあります。

「プリティ」と「キュート」の違い!

「プリティ」「見た目がいい」という意味です。

「キュート」「小さいくてかわいい」「幼くて愛らしい」という意味です。

まとめ

今回は「プリティ」「キュート」の違いをお伝えしました。

「プリティはキレイ」「キュートはカワイイ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典