「プレオープン」と「グランドオープン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「プレオープン」と「グランドオープン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プレオープン」「グランドオープン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「プレオープン」とは?

「プレオープン」の意味と概要について紹介します。

「プレオープン」の意味

「プレオープン」「商業施設が本格的に営業する前の、試験的な営業のこと」という意味です。

「プレオープン」の概要

「プレオープン」は、英語の“pre-opening”が日本語化した言葉で、“pre”「あらかじめ・~より前の」という意味があります。

「プレオープン」「オープン前のオープン」になり、本格的に営業する前に試験的な営業をすることを言います。

デパートンやモールなどの商業施設では、本格的に営業する前に試験的な営業をします。

その際には、一般のお客さんではなく、マスコミや取引先、関連業者や地元の有力者など、限定された人達が招かれます。

営業形態は一部の店舗であったり、メニューを限定したり、営業時間を縮小するなど様々です。

「プレオープン」による評判などが広まり、「グランドオープン」の人手に影響するのです。

「グランドオープン」とは?

「グランドオープン」の意味と概要について紹介します。

「グランドオープン」の意味

「グランドオープン」は、「商業施設が全面的に営業を開始して、一般客を迎え入れること」です。

「グランドオープン」の概要

「グランドオープン」は、英語の“grand-opening”が日本語化した言葉で、“grand”「盛大な・主要な・大きな」という意味があります。

「グランドオープン」「正式な開店」になり、広く一般客を迎え入れて営業することを言います。

因みに、全く新しく開店するのではなく、改装や増築をして再オープンする時にも、大きく改装されて名称などが変わる場合に「グランドオープン」が使われることもあります。

「プレオープン」と「グランドオープン」の違い!

「プレオープン」「商業施設を、試験的に限定的な範囲で営業すること」です。

「グランドオープン」「広く一般的にお客を招いて正式に営業すること」です。

まとめ

今回は「プレオープン」「グランドオープン」の違いをお伝えしました。

「プレオープンは試験的」「グランドオープンは本格的」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典