スポンサーリンク

「プレゼント」と「贈呈」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プレゼント」と「贈呈」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プレゼント」「贈呈」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「プレゼント」とは?

英語の“present”には、贈り物、土産、貰い物、現在、給付、賜物など、数多くの意味があります。

ここでは、日本語の「プレゼント」について解説をします。

日本語の「プレゼント」は、贈り物や贈り物をすることを意味します。

類語は進物です。

贈り物とは、人におくり与えるものを意味します。

「プレゼント」は特別なことがあったときに贈ることが多くあります。

祝福するとき、お見舞いをするとき、旅行のお土産としてなど、贈られます。

「贈呈」とは?

「贈呈」は、人にものを贈ることを意味します。

贈る「物」のことを指しているのではなく、行為を指しています。

「贈」には、贈るという意味があり、「呈」には、さしだす、さしあげるという意味があります。

「贈呈」の類語は、進呈、献上などです。

進呈は、人にものを差し上げること、献上は、主君や貴人にものを差し上げることを意味します。

「贈呈」は主に目上の人が目下の人にものを贈るときに主に使用される言葉です。

贈る場面は、正式な式典のときなどです。

「プレゼント」と「贈呈」の違い

「プレゼント」は対等な関係の相手にものを贈るときに主に使われる言葉です。

「贈呈」は目上のものが行為を行うときに使われる言葉です。

ものを贈るという点では共通した意味を持っていますが、誰に贈るのかという点が異なります。

まとめ

「プレゼント」「贈呈」は、ものを贈ることを意味する言葉ですが、贈る相手が違う言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典