スポンサーリンク

「ヘタウマな絵」と「下手な絵」の違いとは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヘタウマな絵」と「下手な絵」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ヘタウマな絵」「下手な絵」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ヘタウマな絵」とは?

「ヘタウマな絵」の意味は以下の通りです。

1つ目は「まるで子供や初心者が描いた様な絵柄だが、新鮮で刺激がある絵」という意味で、見る人に強いインパクトを与える絵のことを言います。

2つ目は「へたくそに見えるが、誰にも真似できない独特な個性のある絵」という意味で、その人にしか描けない個性的な絵のことを言います。

上記に共通するのは「上手くないが魅力的な絵」という意味です。

「ヘタウマ」「下手でも上手い」を省略した言葉で、「技術的に未熟だが人を引き付ける何かがある」という意味で使われる俗語です。

「ヘタウマな絵」の使い方

「ヘタウマな絵」は、「まるで子供や初心者が描いた様な絵柄だが、新鮮で刺激がある絵」「へたくそに見えるが、誰にも真似できない独特な個性のある絵」という意味でつかわれます。

名詞・形容動詞として「ヘタウマな絵だ・である」と使われます。

基本的に、「に対して使われる言葉です。

「下手な絵」とは?

「下手な絵」「へたなえ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「技術がなく、人が見てつまらない、誰にでも描けると思う絵」という意味で、デッサンが崩れていたり、実物と似ても似つかないなど、見る人が疑問を感じるくらい魅力を欠いた絵のことを言います。

2つ目は「中途半端なレベルの絵」という意味で、他と比べてとても満足できない程度の絵のことを言います。

上記に共通するのは「魅力のない絵」という意味です。

「下手な絵」の使い方

「下手な絵」「技術がなく、人が見てつまらない、誰にでも描けると思う絵」「中途半端なレベルの絵」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「下手な絵だ・である」「下手な絵に比べれば」などと使われたりします。

基本的に、誰が見ても技術がなくつまらない、魅力がないと思う絵に対して使われる言葉です。

「ヘタウマな絵」と「下手な絵」の違い

「ヘタウマな絵」「一見すると下手だが、強い衝撃を感じたり、個性があって人を引き付ける絵」という意味です。

「下手な絵」「誰が見ても技術がなくつまらない、魅力がないと思う絵」という意味です。

「ヘタウマな絵」の例文

・『有名画家がヘタウマな絵を描いた』
・『これはむしろヘタウマな絵だと思う』
・『ヘタウマな絵がネットで話題になっている』
・『このヘタウマな絵に引き付けられる』

「下手な絵」の例文

・『この絵の技法は下手な絵の比ではない』
・『下手な絵に見えるが、実は高値で売買されている』
・『落書きみたいに下手な絵だ』
・『下手な絵だが、何もよりはマシだ』

まとめ

今回は「ヘタウマな絵」「下手な絵」について紹介しました。

「ヘタウマな絵」「下手に見えて人を引き付ける絵」「下手な絵」「技術がなく魅力もない絵」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典