「ペットショップ」と「ブリーダー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ペットショップ」と「ブリーダー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ペットショップ」「ブリーダー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ペットショップ」とは?

「ペットショップ」の意味と概要について紹介します。

「ペットショップ」の意味

「ペットショップ」は、「ブリーダーから複数の種類の動物を仕入れて販売しているお店のこと」です。

「ペットショップ」の概要

「ペットショップ」は、動物を繁殖させているブリーダーから、複数の動物を仕入れて集め、販売している店舗のことを言います。

街中やショッピングモールの中にあり、比較的身近なので、ペットが欲しいと思ったら気軽に足を運べます。

犬や猫を始め、ウサギやフェレットなど様々な動物がいて、同じ犬でも複数種類がいますので、比較検討ができます」 また、飼育に必要なグッズを一式購入できたり、予防接種や生命保険などのサービスも充実しています。

「ブリーダー」とは?

「ブリーダー」の意味と概要について紹介します。

「ブリーダー」の意味

「ブリーダー」は、「動物を繁殖させて販売する業者のこと」です。

「ブリーダー」の概要

「ブリーダー」は、ある動物の種類に絞って繁殖を行い、直接販売したり、ペットショップに卸したりする業者のことを言います。

取り扱っている動物が少ないので知識が豊富なことから、ピンポイントでそのペットが欲しい時に頼りになります。

また、そのペットの親や血統書も手に入るので、ブランドを気にする人におすすめです。

「ブリーダー」「ペットショップ」よりも価格が安いのですが、街中にはないので自分が欲しいペットのブリーダーを探して遠方まで訪ねて行く必要があります。

「ペットショップ」と「ブリーダー」の違い!

「ペットショップ」「ブリーダーから複数の種類の動物を仕入れて販売しているお店のこと」です。

「ブリーダー」「動物を繁殖させて販売する業者のこと」です。

まとめ

今回は「ペットショップ」「ブリーダー」の違いをお伝えしました。

「ペットショップは仕入れて販売」「ブリーダーは卸しと販売」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典