「ホスピタリティ」と「おもてなし」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ホスピタリティ」と「おもてなし」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ホスピタリティ」とは?

「ホスピタリティ」の意味と使い方について紹介します。

「ホスピタリティ」の意味

「ホスピタリティ」「見返りを求めない手厚いもてなし」という意味です。

「ホスピタリティ」の使い方

「ホスピタリティ」は、英語の“hosspitality”が日本語化した言葉で、「おもてなし」と似ていますが、明確な違いがあります。

「ホスピタリティ」は、「見返りを求めない」という意味で、その点は「おもてなし」と通じていますが、人に対して「一期一会を大切にした、心のこもったもてなしをすること」というニュアンスです。

事前に約束がなく突然訪ねてきた人に対しても手厚くもてなす心構えのことを言います。

「ホスピタリティ」の由来は、山道を越えて巡礼してきた人達を歓待したことに由来しています。

どんなお客様でも手厚くもてなす精神を表す言葉なのです。

「おもてなし」とは?

「おもてなし」の意味と使い方について紹介します。

「おもてなし」の意味

「おもてなし」は、「お客に対して表裏なく接しようとする心構えのこと」です。

「おもてなし」の使い方

「おもてなし」は、来客に対して、その人の為を思い、万全を期してお迎えすることを言います。

細かい部分まで気配りをして、それでいて決して押しつけがましくなく、お客が居心地良いと感じる様に接待sるのです。

「おもてなし」の場合、お客は招待されているか、約束がしてあるのが基本です。

相手のことを思い、さりげなく心づくしをする気持ちに対して使われる言葉です。

「ホスピタリティ」と「おもてなし」の違い!

「ホスピタリティ」「誰にでも平等に手厚く歓待すること」です。

「おもてなし」「来客に対して心づくしで歓待すること」です。

まとめ

今回は「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いをお伝えしました。

「ホスピタリティは誰にでも平等に歓待する」「おもてなしは来客に対して歓待する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典