スポンサーリンク

「マザーリング」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マザーリング」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、マザーリングの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

マザーリングとは?意味

マザーリングとは、母性愛を持って親が子供を抱くことを意味しています。

母性的な育児を取り入れて子供を育てるマザーリングは、並々ならぬ愛情で子供をあやしたり、話しかけてコミュニケーションをとるという意味合いがあります。

マザーリングの概要

マザーリングは、親が深い愛情を持って子供を抱きながら話しかけたり、あやしてスキンシップをはかります。

ただあやすのではなく、愛している気持ちをしっかり注ぎ、子供に幸せを与える。

そして、心を愛情でいっぱいにすれば子供も安心して生活ができます。

母親は目を見て話す、オムツを交換するときは絶え間なく話しかける。

子供の顔を優しく撫でたり、手を握り、親がそばにいると伝えることで子供の心理に働きかけ、落ち着いた性格となり、満たされた人に成長する土台を作ることになるのです。

心理的な有能さが証明されることにより、乳児の頃に母親との相互作用がどれだけあるかで形成されるかが決まってきます。

そのため、母親が子供に対しての愛情表現が多ければ多いほど母親も心を満たされることで双方の情緒を安定させ、いい親子関係を築けます。

親子の時間を増やすと、親も子供も満たされた気持ちになり、成長してもトラブルのない家庭を築けるだけではなく友達とうまく遊べますし、学校に進学してもクラスの生徒と協調性を持ってやり取りができる子供になります。

マザーリングの言葉の使い方や使われ方

マザーリングの使い方は、「マザーリングを取り入れた育児」「マザーリングに欠ける」「マザーリングに富んだ」と使われます。

マザーリングを取り入れた育児をすることで子供に寄り添った育児ができるようになり、子供の気持ちをすぐに読み取れるようになります。

子供としても親がそばにいることで情緒が発達し、思いやりのある人に成長する効果が表れるのです。

マザーリングが欠けると成長しても友達が作れない、楽しく人と遊べないという問題も起きてきます。

社会性の発達が遅れることで残酷になり、弱い子供をいじめてしまう人に成長してしまうわけです。

非行に走らせないためにも、マザーリングに富んだ育児が重要なことになります。

マザーリングを使った例文(使用例)

マザーリングの使用例をご紹介します。

・父親に対するマザーリングも重要視される。

母親に対してだけではなく、父親も積極的に子供をあやし、コミュニケーションすることがマザーリングでは大事なことです。

1人だけではなく、2人から深い愛情を注がれた子供はさらに協調性と社会性が身に付き、大人になっても様々な状況に適合する人になります。

・マザーリングに欠けている母親に対してカウンセリングを受けさせる。

子供とうまくコミュニケーションができない母親はマザーリングに欠けている傾向が見られます。

そのため、カウンセリングを受けて、どのように子供と接すればいいのか育児に詳しいカウンセラーよりアドバイスを受けるといいでしょう。

・マザーリングで子供に深い愛情を持ってあやしましょう。

子供に深い愛情を持ってあやすことが重要となるマザーリングでは、子供が泣いたらどのようにあやせばいいかを学ぶことが大事です。

深い愛情を持って子供に接することがマザーリングでは重要になるポイントになります。

まとめ

社会性の発達を促すマザーリングは、深い愛情を持って子供に接することが大切です。

自分なりに子供へしっかり愛情を注げば子供もその愛情を受け止めるようになり、トラブルが起きても親のせいにはせず、自分でうまく対応できるようになるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典