スポンサーリンク

「マスターリース」と「サブリース」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マスターリース」と「サブリース」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マスターリース」「サブリース」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マスターリース」とは?

「マスターリース」とは、「賃貸物件のオーナーと不動産会社との間の契約」を意味しています。

「マスターリース」というのは、「不動産会社が第三者(借主)に転貸することを目的にして、オーナーから物件を一括借り上げする契約」なのです。

「マスターリース」の契約をすることで、オーナーは賃貸物件の管理・運用を不動産会社に委託して家賃(手数料・委託料を差し引いた賃料)だけを受け取れます。

「サブリース」とは?

「サブリース」とは、「不動産会社と第三者(借主の顧客)との間の契約」を意味しています。

「サブリース」というのは、「賃貸物件のオーナーから物件を借り上げた不動産会社が、第三者の借主(入居する顧客)に物件を転貸する契約」なのです。

そのため、「サブリース」の契約には賃貸物件のオーナーは直接関わることはありません。

「マスターリース」と「サブリース」の違い!

「マスターリース」「サブリース」の違いを、分かりやすく解説します。

「マスターリース」「サブリース」はどちらも「不動産の賃貸契約に関連する用語」ですが、「マスターリース」というのは「賃貸物件のオーナーから、転貸を目的とする不動産会社が物件を一括借り上げすることやその契約」を意味しています。

「マスターリース」に対して「サブリース」というのは、「不動産会社がオーナーから借り上げした物件を、第三者の借主に転貸することやその契約」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「マスターリース」「サブリース」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「マスターリース」とは「不動産会社が第三者に転貸することを目的にして、オーナーから物件を一括借り上げすること」を意味していて、「サブリース」「オーナーから物件を借り上げた不動産会社が第三者(借主)に転貸すること」を意味している違いがあります。

「マスターリース」「サブリース」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典