スポンサーリンク

「マンション」と「レジデンス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マンション」と「レジデンス」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いろいろな集合住宅を見てみると、「○○マンション」「○○レジデンス」などと言う名前が付いている建物を目にすることがあります。

そもそも、この「マンション」「レジデンス」の違いは何なのか気になるところです。

この記事では、「マンション」「レジデンス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マンション」とは?

「マンション」とは、日本では「アパート」よりも高級な分譲住宅や賃貸住宅のことを言います。

英語では大きくて立派な一戸建ての住宅を意味します。

一方、日本での「マンション」のような集合住宅は、英語で「アパートメント」「コンドミニアム」と呼ばれています。

日本ではかつて、高級な分譲住宅が建てられた時に、公団住宅や団地などと区別をするために、「マンション」と呼ぶようになったと言われています。

「レジデンス」とは?

「レジデンス」とは、英語で特に大きくて立派な邸宅のことです。

しかし、日本では高級分譲マンションなどの名前に用いられ、そのような建物を指すことが多いようです。

「レジデンス」と言う言葉は、英語から来ています。

実際の意味とは違い、日本では高級な「マンション」という意味合いが強くなっているかもしれません。

「マンション」と「レジデンス」の違い

「マンション」「レジデンス」の違いを、分かりやすく解説します。

日本で言う「マンション」とは、アパートよりも高級な分譲、または賃貸集合住宅のことです。

一方、日本の「レジデンス」は、高級な「マンション」に名前を付けることもあり、その意味合いが大きいようです。

しかし、英語で「マンション」「レジデンス」は、大きくて立派な一戸建ての邸宅を意味します。

このように、「マンション」「レジデンス」の意味は違いますが、日本と海外でも、その名前が意味する建物は違うようです。

まとめ

日本で使われている英語と思われる言葉の意味が、本来の英語のそれとは違っている場合があります。

また、英語だと思って使っていた言葉が、和製英語で、英語圏の人には全く通じなかったりします。

海外では「マンション」「レジデンス」も、大きくて立派な一戸建ての豪邸という意味のようです。

しかし、日本では「マンション」は高級な「アパート」で、「レジデンス」は高級な「マンション」というイメージがあります。

日本ではどちらも集合住宅ですが、海外では一軒家です。

この違いを知っておくことが必要ですし、また、「マンション」「レジデンス」の日本での意味を、そのまま外国でも使ってしまわないように十分に気を付ける必要があります。

逆に外国から来た外国人にとっても、日本で使われているこのような建物の名前が違うことについて、最初は戸惑いを感じるかもしれません。

すでに日本で長年、本来の英語の意味とは違う呼び方が使われ続けているのを、今さら直すことは難しい問題です。

なので、これらは本来の意味とは違っていたとしても、日本独自の呼び方として、今後も認識していくことになるのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典