スポンサーリンク

「マンセー」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マンセー」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マンセー」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マンセー」とは?意味

「マンセー」は、朝鮮語で万歳という意味になり、よく北朝鮮などのテレビ番組にてよく見聞きする言葉の一つです。

なお、韓国語においても、同様に万歳という意味でこれは、南朝鮮と北朝鮮がただ単に南と北に分かれており、文化権などが異なるが故というだけです。

よって、北と南においては、共用語となる物は朝鮮語になり、「マンセー」は中でも万歳という意味になります。

「マンセー」の概要

「マンセー」という言葉が流行したのは、「マンセー」という言葉で叫んでいる物が狂信者のように見えるが故「マンセー」とは何かが注目され、意味が分かると今現在においては、「万歳」という意味を持ちつつ、狂信者であるとする動きもあります。

というのも、日本の政治家などにおいては万歳三唱という物を行いますが、あれもどこか、狂信的であると言われだし、政治家の人でも万歳三唱を行わない方が多いです。

なお、「マンセー」韓国起源説という物がありますが、これは、いわば、元々2つの国家は一つであったと仮定した場合、韓国側に期限があろうと、北朝鮮側に期限があろうと関係が無いため、言葉の文化がどちらにあるかについては、恐らく、韓国や北朝鮮の方々ですら気にしていないと思われます。

「マンセー」の言葉の使い方や使われ方

「マンセー」は、万歳というために使用しますが、日本人は使用しません。

朝鮮の方が使用しますが、恐らく、日本に住んでいる朝鮮の方は使用しないです。

「マンセー」を使った例文

・『マンセーは、軍国主義の表れで、過剰に称賛する行為にしか過ぎない』
これは、朝鮮語で言う「万歳」は、実は軍国主義の表れで、過剰に物事に対して称賛する行為であるが故軍隊のようであるという例です。

よって、日本においては、政治家の方でも万歳と言わなくなったのは、軍国主義者だというレッテルを貼られ、個人攻撃を受けることを嫌うが故、政治家の方は、選挙に勝っても万歳と言わなくなった人物が存在します。

まとめ

「マンセー」という言葉は、良い意味においては、すごい称賛ですが、悪い意味においては、強制的に対象を称賛する行為が「マンセー」です。

よって、これを強要するというのは、国家の意思が働いていると考え、国を挙げて成すべき事であるとすることが多いです。

逆に、「マンセー」と言わない物は、国家が絡まない物ごとなので、これは別に強制力が働いていません。

無論、自分から「マンセー」という声を上げる人物がいますが、これはどちらかというと狂信者で、何かに対してすがるような形で万歳ということを言うことで自己が満たされていると言えます。

何故なら、普通の人は、人前では大きな声で、しかも日本国でわざわざ朝鮮語で「万歳」の意味である「マンセー」とは言いません。

普通にやったーというか、日本語で「万歳」といいますのでわざわざ朝鮮語で「万歳」を言う日本国に住まう人は何かにすがっていると思えるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典