スポンサーリンク

「マーケター」と「コンサルタント」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マーケター」と「コンサルタント」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マーケター」「コンサルタント」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マーケター」とは?

「マーケター」には、2つの意味があります。

1つめは、市場で売買をする人のことです。

もう一つは、市場調査に基づいて、商品開発や販売を行う人のことです。

企業や所属部門によって仕事内容は異なりますが、主な仕事は市場調査と、売れる仕組みを作っていくことです。

市場調査とは、商品の開発や販売促進などの目的のために、市場・製品・価格・広告・販売経路などの情報を収集・分析をすることです。

分析した結果から企画を考えて提案をします。

そして、実際に商品ができたら、どのように販売していくのかを考えます。

営業ともかかわり、コミュニケーション力が必要とされます。

「コンサルタント」とは?

「コンサルタント」は、相談を受けて診断・助言・指導を行う職業をしている人のことです。

経営コンサルタント、結婚コンサルタント、環境コンサルタントなど、相談内容に応じて「○○コンサルタント」と呼ばれることもあります。

さまざまな種類の「コンサルタント」がいます。

「マーケター」と「コンサルタント」の違い

「マーケター」の仕事は、主に市場調査をすること、売れる仕組みを作ることです。

「コンサルタント」の仕事は、相談を受けて診断や助言などをすることです。

自らが市場調査を行うのではなく、クライアントから話しを聞いて、助言などをしていきます。

「マーケター」「コンサルタント」では、仕事内容が異なります。

まとめ

「マーケター」「コンサルタント」も、ビジネスの場などではよく耳にする言葉でも、どのような仕事なのかわからなかった方もいると思いますが、それぞれ異なる仕事をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典