スポンサーリンク

「ミス」と「失敗」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ミス」と「失敗」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ミス」「失敗」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ミス」とは?

「ミス」の意味は以下の通りです。

1つ目は「ものごとをやり損なうこと」という意味で、失敗したり手落ちがあったりして、上手く達成できないことを言います。

2つ目は「取り逃がすこと」という意味で、自分の元に来たものをとらえ損ねることを言います。

上記に共通するは「しそこなう」という意味です。

「ミス」は英語の“miss”が日本語化した言葉で、「掴みそこなう」「逃す」「しそこなう」「乗り遅れる」「欠ける」「いなくて寂しく思う」「当たらない」などの意味があります。

「ミス」の使い方

「ミス」「ものごとをやり損なうこと」「取り逃がすこと」という意味で使われます。

日本語では名詞・形容動詞として「ミスだ・ミスである」「ミスする・した」「ミスを犯す・犯した」と使われたり、副詞として「ミスして」と使われたりします。

基本的に、日常的に本人は一生懸命やっているつもりでもつい生じてしまう過ちに使われる言葉です。

「失敗」とは?

「失敗」「しっぱい」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「ものごとの方法が間違っていてやり損なうこと」という意味で、元々の目的や方法が誤っていて、良い結果にならないことを言います。

2つ目は「もともとできないことをやり損なうこと」という意味で、能力以上のものに挑戦してできないことを言います。

上記に共通するのは「やることが間違っている」という意味です。

「失」「うしなう」とも読み「なくす」「うせる」という意味、「敗」「まける」とも読み「やり損なう」という意味、「失敗」「やり損なってなくすこと」になります。

「失敗」の使い方

「失敗」「ものごとの方法が間違っていてやり損なうこと」「もともとできないことをやり損なうこと」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「失敗だ・である」「失敗する・した」と使われたり、副詞として「失敗して」と使われたりします。

基本的に、そもそも目的や方法が間違っていて、ものごとがうまくいかないことに使われる言葉です。

「ミス」と「失敗の違い

「ミス」「日常的に本人は一生懸命やっているつもりでもつい生じてしまう過ち」という意味です。

「失敗」「そもそも目的や方法が間違っていて、ものごとがうまくいかないこと」という意味です。

「ミス」の例文

・『彼女はうっかりミスが多いね』

・『今月の目標はデータの入力ミスを減らすことです』

・『連絡ミスにより会議の時間が間違って伝わってしまっている』

・『彼は小さなミスから奥さんに浮気していることがバレてしまった』

「失敗」の例文

・『失敗は成功の元である』

・『失敗しても学ぶことが多ければそれでいい』

・『過去にとても人に言えない失敗をしたことがある』

・『すぐに予約しておかなかったのは失敗だった』

まとめ

今回は「ミス」「失敗」について紹介しました。

「ミス」「つい生じてしまう」「失敗」「目的や方法が間違っている」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典