スポンサーリンク

「ミスマッチ」と「アンマッチ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ミスマッチ」と「アンマッチ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ミスマッチ」「アンマッチ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ミスマッチ」とは?

「ミスマッチ」「あるもの同士を組み合わせた時にズレや差異が生じること」という意味です。

英語で“mismatch”と書き「不釣り合いな組み合わせ」と言う意味です。

例えば、企業の人材募集に応募してきた人が、面接した結果、企業側が必要とする人材と、求職者の希望条件が合わなかった時に使われます。

既に組み合わせてみてから決めるもので、比較してから使う言葉です。

「アンマッチ」とは?

「アンマッチ」は、「一致するものがない為に組み合わせができないこと」という意味です。

英語で“unmatch”と書き、「不一致」という意味です。

例えば、データの付け合わせをしても、お互いに一致するものがない為に結果に反映されない状態に使われます。

「アンマッチ」「ミスマッチ」と混同されていますが、そもそも一致するものがない状態であり、洋服が似合わない時などは「アンマッチ」ではなく「ミスマッチ」になります。

「ミスマッチ」と「アンマッチ」の違い!

「ミスマッチ」「あるもの同士を組み合わせた時にズレや差異が生じること」です。

「アンマッチ」「一致するものがない為に組み合わせができないこと」です。

まとめ

今回は「ミスマッチ」「アンマッチ」の違いをお伝えしました。

「ミスマッチは釣り合わない」「アンマッチは一致しない」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典