「ミュージカル」と「オペラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ミュージカル」と「オペラ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ミュージカル」「オペラ」は、どちらも歌や芝居、ダンスがあります。

両者に違いはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

「ミュージカル」とは?

「ミュージカル」とは、音楽と歌、セリフ、ダンスを合わせた演劇のことです。

ヨーロッパのバレエやオペラがアメリカに渡って、発展したのが「ミュージカル」の始まりだといわれています。

「オペラ」よりも庶民的な題材や音楽を扱っています。

「オペラ」とは?

音楽を中心とした、総合舞台芸術です。

「オペラ」という単語は、イタリア語で「仕事」「作品」のことを指します。

ルネサンス後期の16世紀末、古代ギリシャの演劇を復興しようという動きが起こり、「オペラ」が生まれました。

それから、貴族や上流階級などに楽しまれてきました。

「ミュージカル」と「オペラ」の違い

大きな違いは、発声方法です。

オペラでは、歌が重視されるため、殆どの場合、マイクは使用しません。

ストーリーが歌によって進んでいき、オペラの舞台人は「オペラ歌手」と呼ばれます。

それに対し、「ミュージカル」は、歌の他にダンスや芝居も重視されています。

発声方法は、地声やミックスボイスなど様々で、台詞によってストーリーが進んでいきます。

「ミュージカル」の舞台人は、「ミュージカル俳優・女優」と呼ばれています。

「オペラ」に比べ、「ミュージカル」の方が、歴史が浅いエンターテインメントになります。

まとめ

「オペラ」「ミュージカル」の違いを知って鑑賞すると、より深く楽しめます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典