スポンサーリンク

「ミュータント」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ミュータント」とは?カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットサーフィンをしていると、見慣れない言葉に出会うこともあります。

この記事では、「ミュータント」の意味を分かりやすく説明していきます。

ミステリアスな言葉の知識を深めていきましょう。

スポンサーリンク

「ミュータント」とは?意味

ミュータントとはSFや科学の言葉。

何らかの現象によって、突然変異したものを「ミュータント」と呼んでいます。

通常のパターンとは異なる、突然変異した個体や細胞です。

私たちのDNAは細胞分裂するとき、コピーのように同じ部品をつくっています。

ところが何らかの手違いによって、コピーが失敗することがあります。

この時つくられるものがミュータント、すなわち突然変異した細胞です。

ミュータントは科学の世界で使われることが多いですが、SFの分野では「未確認生命体」など宇宙人やモンスターをミュータントと呼ぶこともあります。

「ミュータント」の概要

突然変異で身近なものといえば、インフルエンザウイルスや新型コロナウイルスの変異株です。

どちらも遺伝子の設計図が書き換えられて、これまでとは違う株ができます。

このとき出来る新種の株も、ミュータントです。

ミュータントがなぜ作られるのかは、まだはっきりとは分かっていません。

けれども、より長く生き延びるために、より環境に適応していくためにミュータントが生まれるのではないかといわれています。

「ミュータント」の言葉の使い方や使われ方

ミュータントの使い方をチェックしていきます。

・国内の新型コロナウイルスがどこまでミュータント化しているのか、調査する実験がおこなわれた。

・主人公が宇宙からやって来たミュータントと戦闘するSF映画を観た。

・ハロウィンの仮想で、おどろおどろしいミュータントに変装した。

ミュータントには突然変異という意味があります。

新型コロナウイルスを始めとする、遺伝子変異をあらわすこともあれば、サバイバルゲームや宇宙戦闘ドラマに登場するモンスターとして用いることもあります。

SF映画に登場するミュータントの場合は「神がかった超人」を指すことが多いです。

「ミュータント」の類語や言いかえ

ミュータントの言いかえには、次のような言葉があります。

・突然変異体
・遺伝子変異
・超能力者
・超人
・宇宙人
ミュータントは使うシーンによって、置きかえできる言葉が変わってきます。

科学の分野では「突然変異体」「DNAの変異」などが使われます。

そして空想科学小説などSFの場面では「超人」「宇宙人・モンスター」などに言いかえられます。

これまでのパターンでは見られない物体が「ミュータント」です。

まとめ

「ミュータント」の意味と、使い方をおさらいしました。

「ミュータント」とは突然変異体のこと。

DNAのコピーミスにより、突然生まれたウイルスや超人をしめした言葉です。

ミュータントが生まれる理由は、より環境に適した力を身に付けるためです。

私たちの生活には、科学の力では解明できない点が、多々あるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典