スポンサーリンク

「ミレニアルズ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ミレニアルズ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

世代を表す時に使う言葉は色々なものがあり、国や文化で異なるものが多く研究テーマとしてもよく取り上げられるものとなっています。

最近特にアメリカなどで有名な世代としては「ミレニアルズ」があります。

この記事では、「ミレニアルズ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ミレニアルズ」の意味とは?

「ミレニアルズ」はアメリカの世代を表す言葉であり、1980年から2000年代初頭に生まれた人々という意味があります。

この世代は特にインターネットの発展やパソコンの普及が大きく進んだこともあり、生まれた時からこれらのデジタル機器やツールを利用するのが当たり前な環境で育ったのが特徴です。

「ミレニアルズ」の概要

「ミレニアルズ」の語源は西暦を千年単位で区切った“millennial”が由来であり、21世紀という激動の時代をまたぐ世代として生まれてきたのが特徴です。

デジタル機器が日常生活に溶け込んでいるのが当たり前であることから、これらの世代はデジタルネイティブという特徴を持っています。

「ミレニアルズ世代」という言葉は上述のようなデジタルネイティブで生まれ育った世代の人々を表す言葉であり、様々な特徴があります。

インターネットやネットを使うこなす能力に長けており、ネットリテラシーも高いものを持っています。

オンラインショッピングをよく使うことやサブスクリプションサービスなどの新しい購入方法を使うことも全世代とは大きな違いとなっています。

アメリカで生まれた「ミレニアルズ世代」という言葉はかなり大きな幅を含んでいるのですが、2007年に発生したリーマンショック事件は大きな影響を与えました。

この事件により生活はより安全でワークライフバランスを考える人が増えました。

「ミレニアルズ世代」はスマホの普及により、SNSによるコミュニケーションやシェアすることが多く独特な文化を形成しています。

「ミレニアルズ」の言葉の使い方や使われ方

「ミレニアルズ」はアメリカ生まれの言葉ですが、現在では世界中で使われています。

共通した特徴としてはデジタルネイティブであり情報リテラシーを持っているという点があります。

リーマンショックにより影響は各国で異なりますが、以前のような派手な生活するのではなく安全でゆるい繋がりを求める傾向があります。

「ミレニアルズ」を使った例文(使用例)

・『ミレニアルズ世代を襲ったリーマンショックは非常に影響があり、これまでの研究アプローチを変更することとなった』
・『ミレニアルズ世代に訴求するような広告は特にSNSと相性が良い』
・『ミレニアルズ世代とシェアリングエコノミーの関係性は特に最近注目されている』

まとめ

「ミレニアルズ」は21世紀という転換点を生きる人々を表す言葉であり、デジタルネイティブとして色々な活動や文化を形成しています。

SNSを軽やかに使いこなし世界中とゆるい繋がりとシェアするのが特徴であり、今後もまだまだ文化をけん引していくと言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典