スポンサーリンク

「メガ大家」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メガ大家」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「メガ大家」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「メガ大家」の意味

「メガ大家」とは投資用物件の総額が10億円を超える人

「メガ大家」の解説

「メガ大家」とは、投資用の物件を複数所有し、その総額が10億円を超えているといった人のことを言います。

「ギガ大家」も同義語となります。

「メガ大家」と言っても必ずしも大金持ちとは限りませんので注意してください。

投資金額が大金になるがゆえ、負債金額も大きくなり、空き室が多い、想定外の修繕費がかさむといったことがありますと大きな破綻を招いてしまうこともあるのです。

先祖から受け継いだ土地、物件で利益を得ている大家さんと違って、「メガ大家」は不動産投資というビジネスで行っていますので、法人化し複数の金融機関を利用、フルーローン、オーバーローンを多用するということもあります。

とはいえ、この方法はリスクも高く借金を抱えて失敗というケースもあります。

「メガ大家」の使われ方

「メガ大家」とは、投資物件を複数所有し、総額が10億円を超えた人に使います。

また成功している人という意味ではありませんので、注意して使ってください。

それではいくつか例を紹介しますので参考にしてみてください。

「彼はメガ大家として有名になったが、今は空き室が多くて返済に悩んでいるらしい」
「彼は資産もないのにメガ大家になりたいと、オーバーローンで買い足した結果、負債額が大きくてそれほど儲かってはいない」
「もともと資産があったので、僕はメガ大家として成功できた。

全額借金だったら手を出していなかったと思う」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典