スポンサーリンク

「メゾネット」と「テラスハウス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メゾネット」と「テラスハウス」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動産広告でよく見かける言葉に「メゾネット」「テラスハウス」があります。

どちらも物件の種類やタイプを表す言葉ですがいったいどのような意味なのでしょうか。

今回は、「メゾネット」「テラスハウス」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

「メゾネット」とは?

「メゾネット」とは、「部屋が二層構造になっている集合住宅」を指す言葉です。

マンションやアパートなどの集合住宅は基本的に一部屋が一階層、つまり平屋の住宅と同じく階段で上下を行き来しないフラットな構造で設計されています。

階層が異なる部屋は別区画として他の住人が住んでいます。

「メゾネット」とは「部屋が二層構造で形成され室内に設けられた階段で上下を行き来できる構造になっている集合住宅」を指します。

集合住宅でありながら二階建て住宅のように上階と下階が階段で繋がれている一軒家に近い空間構成が「メゾネット」の特徴です。

二層に分かれているので生活空間と来客スペースを分けたるなど実用性の高さが魅力です。

一戸建て感覚で暮らしながらごみ収集や近所づきあいなどに気を使わなくていい集合住宅のよさがあるのも魅力のひとつです。

似たような構造としてロフト付き物件がありますが、ロフトが床面積に含まれないのに対しメゾネットの上層は床面積に含まれます。

「メゾネット」の使い方

・メゾネットの物件を探す。

・一軒家よりも豪華な造りのめどネットマンション。

・新しく建てられるマンションはメゾネットタイプらしい。

・メゾネット物件なので子供が上階で騒いでも足音が隣近所に響きにくい。

「テラスハウス」とは?

「テラスハウス」とは、「ひとつづきの建物を縦割りで区分した戸建住宅」を指す言葉です。

「テラスハウス」「棟割長屋」が最も近い日本語訳です。

ひとつの大きな建物を立てに区分し境界壁を供給する複数の独立した住宅として提供される物件が「テラスハウス」であり、構造的には横に長い棟割長屋と非常によく似ています。

構造的には長屋とよく似ていますが安価で粗末なイメージが有る長屋とは違いスタイリッシュでおしゃれな物件が多く、手頃な家賃で住めるセンスのいい住まいとして注目を集めています。

建築コストを抑制できるため主に賃貸物件として建築されることが多い「テラスハウス」ですが、境界壁を共有しているという構造上の特徴以外はほぼ一戸建てとおなじ感覚で住むことができます。

出入口や住宅設備なども含め完全に独立した設計で生活に関連する構造上の不都合はほぼありません。

「テラスハウス」の使い方

・同じ家賃ならテラスハウスのほうが広い家に住めそうだ。

・テラスハウスに引っ越すなら両隣にあいさつした方がいい。

・よく似た造りなので隣の家と間違えやすいのがテラスハウスの注意点です。

・長屋がリノベーションされてテラスハウスとして生まれ変わる。

「メゾネット」と「テラスハウス」の違い

「メゾネット」「テラスハウス」の違いは「集合住宅かどうか」です。

「メゾネット」は室内は二層構造ですが建物全体としては多くの部屋を有する集合住宅として構成されています。

二層構造の部屋が縦横に積み重なっている構造は一般のマンションやアパートと同じです。

「テラスハウス」はひとつの建物を立てに分割した構造です。

横には境界壁を共有する物件がありますが上下にはなく建物としては集合住宅ではなく平屋の棟割長屋と同じです。

まとめ

「メゾネット」「テラスハウス」は室内の間取りは似ていても建物そのものの構造に大きな違いあります。

物件探しではそれぞれの違いと特徴を踏まえて比較検討してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典