スポンサーリンク

「メディアリテラシー」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メディアリテラシー」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「メディアリテラシー」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「メディアリテラシー」とは?意味

「メディアリテラシー」は、情報を得る側が、インターネットやテレビにラジオなどを用いて情報を収集することで、正しい情報を入手することを意味します。

逆に、情報に踊らされ正しい情報を入手できない場合、それは「メディアリテラシー」と呼ばず「メディアリテラシー」は情報を正しく取捨選択することを意味します。

「メディアリテラシー」の概要

「メディアリテラシー」は、一種の考え方の一つで簡単に説明すれば、嘘の情報に踊らされないことを意味し、情報の正しさを明確に判断することができるかどうかです。

逆を返せば、言論や主張を統一した国においては得られる情報はほぼ一つなのである意味、情報に踊らされることはありませんが、このケースの場合、他の情報が入手できないということになるため、民衆としてはその情報が正しいかどうかについては懐疑的になりやすいです。

つまり、「メディアリテラシー」は、民主主義においては、情報源が多いが故正しい情報なのかを判断するのは国民にあり、国民側で正しい情報を選択するのが、「メディアリテラシー」になります。

「メディアリテラシー」の言葉の使い方や使われ方

「メディアリテラシー」は、情報の選択を正しくできているかどうかを指すために使用し、人物に対して使用します。

「メディアリテラシー」を使った例文

・『部長は嘘の情報に踊らされているからメディアリテラシーは低いな』

この例は、部長という人物は嘘の情報に踊らされる人物で情報の取捨能力が低く、真実を見極めてないと言っています。

つまり、騙されやすいと言い切っているのがこの例です。

・『課長はいつも正しい情報で周囲を導くため、メディアリテラシーが高いな』

この例は、正しい情報で周囲にいつも貢献する課長は情報の取捨選択において正しい方を選択すると述べています。

このケースの場合は、頼りになるいつも正しい情報で周囲を導く課長さんという扱いになっており、「メディアリテラシー」は高い低いで騙されやすいかそうではないかが判明します。

まとめ

「メディアリテラシー」は要は、騙されやすいかそうではないかで、騙されにくい側が望ましいというだけです。

この騙すという行為は、いわば国家ぐるみで国民を騙すケースと国民同士が騙すケースがあり、国家ぐるみの場合政権維持のために国民を騙し、これについては、「メディアリテラシー」といったところで国民は情報が真実でないと分かっていても国に逆らうことになりますので恐らく、国家の移行に従うはずです。

問題は、国民同士で騙しあいをする場合、「メディアリテラシー」が問われ、正しい情報か正しくない情報であるかを判断する技量が問われます。

その結果騙されにくい側を「メディアリテラシー」が高い人物と呼び、騙されやすい側を「メディアリテラシー」が低いと読んで差別化するのがこの言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典