「モテない」と「婚期が遅れる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「モテない」と「婚期が遅れる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「モテない」「婚期が遅れる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「モテない」とは?

「モテない」の意味と使い方について紹介します。

「モテない」の意味

「モテない」は、「人から好意を持たれない」「特に異性から人気がないこと」という意味です。

「モテない」の使い方

「モテない」は、人から好意を持たれないことを言い、特に異性から人気がなく、恋愛の対象と見て貰えないときに使われる表現です。

「モテない」「モテる」の否定形で、「モテる」を漢字で書くと「持てる」になります。

「持てる」は動詞「持つ」の可能形で、「持つことができる」「保たれる、支えられる」という意味で使われ、ここから「人に支持される」「人気がある」という意味で使われる様になりました。

「異性にモテない」は、恋人が欲しくても中々できない人が使う言葉です。

「婚期が遅れる」とは?

「婚期が遅れる」の意味と使い方について紹介します。

「婚期が遅れる」の意味

「婚期が遅れる」「こんきがおくれる」と読みます。

意味は「結婚する時期がおそくなること」です。

「婚期が遅れる」の使い方

「婚期が遅れる」は、結婚する時期が平均よりもおそくなることを言います。

結婚したいと思っている人が使う表現で、「婚期」「結婚するに適した年頃」という意味です。

主に女性に対して使う言葉で、理由として単純に異性にモテなかったり、女性の社会進出が一般的になり、仕事に専念する人が増えた為などがあります。

尚、「婚期」は時代により基準が変わり、現在では「20代後半から30代前半位の年齢」となっています。

「モテない」と「婚期が遅れる」の違い!

「モテない」「異性から人気がないこと」です。

「婚期が遅れる」「結婚する時期がおそくなること」です。

まとめ

今回は「モテない」「婚期が遅れる」の違いをお伝えしました。

「モテないは恋愛できない」「婚期が遅れるは結婚できない」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典